信州

2018年02月07日

上諏訪温泉で、心も体もリフレッシュ!!

こんにちは!
いつも弊社ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。初めてブログを担当させていただきます、長吉営業所の大羽と申します。

2018年が始まってもう1ヶ月が経ち、気づけばもう2月ですね!
時間が経つのは本当に早いものですね、、、、ゾッとします(´;ω;`)

私は先月、大学時代の同期と一緒に、長野県の松本市上諏訪温泉に行ってきましたので、今回はその時のことをご紹介させていただきます。


まず、JRの松本駅で同行するメンバーと待ち合わせをしました。

IMG_8827


この松本駅に来るといつも思うのですが、駅に電車が到着すると、、、

『まつもとぉ〜〜 松本です』

と、なんとも気の抜けたアナウンスが流れるのですが、この味のあるアナウンスが個人的にはとても気に入っています(笑)。
動画サイトなどにも載っているようですので、興味のある方は是非探してみてはいかがでしょうか。


さて。
ちょうどお昼前に着いたので、昼食は信州そばを食べることにしました。

IMG_8828

寒い時にあったかいものを食べるのは本当に幸せな気分になりますね!


…お腹も満たされたところで、松本市内の観光に出かけました。
いくつかの観光名所をみて回りましたが、この記事では松本城についてご紹介したいと思います!

IMG_8829


松本城は、戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりで、現存する五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城です。

天守の内部は、610円で観覧することができます。
とても急な階段を登って行きます。

IMG_8830IMG_8831

天守閣からは松本市内を一望することができます。
また、天気が良ければ北アルプスもしっかりと見える、おすすめの絶景スポットです!



松本市内を観光した後、電車で1時間ほど移動し…今回泊まる上諏訪温泉の旅館、
『布半(ぬのはん)』へ向かいました!

IMG_8832


この布半は、呉服屋「布屋」を営む藤原半助が創業し、そのこと布屋の半助と呼ばれていたことから略して『布半』と呼ばれるようになったそうです!

創業したのはなんと1848年で、160年以上の歴史を持った老舗旅館です!

IMG_8833


上諏訪駅から徒歩10分という好立地で、今回泊まった部屋は諏訪湖が目の前に見えるレイクビュー!
好天だったこともあり、眺望がとてもよかったです!

IMG_8834IMG_8835

諏訪湖を眺めながら一休みした後、、、

旅行の楽しみの1つといえばやっぱり食事ということで、夕食を頂きました!
地元の食材を中心にした季節感のある会席料理に舌鼓を打ち、仲間とおしゃべりをする時間は、何にも代え難い至福の時間ですね!

IMG_8837IMG_8836

これぞ旅の醍醐味ですね!!

味もさることながら、見た目も美しく、目でも楽しむことができる料理で、全員大満足でした!


食事の後は温泉に入り、ゆっくり疲れを癒した後、日本酒で乾杯をしました!
やはり、水の美味しいところはお酒が美味しいですね!
IMG_8839




…次の日は諏訪湖で、この時期ならではのワカサギ釣りを体験しました!

最初に、施設の方からワカサギ釣りについての簡単なレクチャーがあり、その後
乗り場から船に乗って、諏訪湖のまっただ中に浮かんでいるドーム船へ向かいます。

IMG_8840IMG_8841


外はとてつもなく寒かったのですが、ドーム船の中はとても暖かく、多くの釣り客がお弁当やお菓子を食べたり雑談したりしながら釣りを楽しんでいました。

IMG_8842


この小さな穴から釣り糸を垂らし、ワカサギが食いつくのを待ちます!

制限時間は、2時間!!
今日の昼食は、この釣りの出来具合にかかっている!と必死にワカサギが釣れるのを待ちます、、、


待つこと2時間・・・・・・









結果は、、、、残念ながら0匹でした、、、笑


どうやら、その日の朝がかなり冷え込み、水面に氷が張ってしまったため、ワカサギが下の方へ逃げてしまっていたようです、、、残念

釣果0匹で落ち込んで帰ってきた我々に、諏訪湖レジャーセンターの方がワカサギの天ぷらをサービスしてくださいました。ありがとうございました!

IMG_8843




今回の旅行では、綺麗な景色 暖かい温泉そして、美味しい食事を味わうことができ、心も体もリフレッシュできました!!!

諏訪湖へ旅行に行かれる方は、松本駅でレンタカーを借りると、離れた観光スポットも効率よく回ることができると思います!

また、今回私たちがお世話になりました布半につきましては、弊社でもお手配することが可能ですので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

温泉で日頃の疲れを癒されたい方、是非お近くの弊社営業所へお越し下さい!
皆様のご来店、心よりお待ちしております!

長吉営業所
大羽 智也


S__5922818




















新長田カニチラシブログ用2


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:30|PermalinkComments(0)

2015年01月28日

白銀の世界「白馬」

こんにちは。
苦楽園営業所の向地(ムコウチ)と申します。

年末年始、白馬へスノーボード旅行に行ってきました!

今回は、サンシャインツアーの夜行バスに乗って新大阪から長野県・白馬へ向かいます。
新大阪を22:30に出発し、2・3回サービスエリアで休憩を取りながら、翌朝各スキー場に到着します。私は、午前7時頃目的地のバス停に到着しました。
関西の各地からシャトルバスがメインとなる出発地の新大阪まで出ていますよ。

白馬には、各ゲレンデサイドやスキー場の周辺にたくさんのホテルやペンションなどがあります。私が今回泊まったのはみそら野エリアで、白馬五竜&47と白馬八方尾根、二つのスキー場の間に位置しています。その為、ゲレンデ目の前!というわけではありませんが、両方のスキー場に行きたい方にはもってこいです。どちらも車で10分程度です。
※みそら野から白馬47は10分程度、白馬五竜は20分程度。私も今回は一日目を八方、二日目を五竜&47と満喫してきました。

白馬は、1998年の長野オリンピックで使われたスキー場として有名です。
八方の名木山ゲレンデすぐ近くにはスキージャンプ台があり、遠くからもその迫力に圧倒されます。白馬はいくつものスキー場が連なっており、各スキー場間をシャトルバスが結んでいます。白馬という大きなくくりで旅行に行くと、長期間滞在しても様々なスキー場をまわることができ、飽きることはありません!ただし、シャトルバスの本数は限られていますのでご注意を!一本逃すと一時間後ということもあります

さて、みそら野に到着後、宿泊先のペンションに荷物を置かせて頂き、着替えを済ませて早速八方へと向いました。ペンションのすぐ近くからゲレンデへのシャトルバスが通っているのでそれを使って八方ゴンドラ乗り場へ。
1422350270889

スキー場での楽しみは、気持ちよく滑る事もそうですが、ランチも楽しみです!
お昼からたくさん食べて、午後からも元気もりもり!
1422350272430



八方は周辺のスキー場と比べるとスキーヤーが目立ちます。なぜかというとコブの名所があるからです!!コースが豊富なのでボーダーももちろん楽しめます。
この日は寒波で吹雪いており、写真を撮っても真っ白・・・
1422350268635

唯一晴れた時間に撮った写真がこちら。↓
1422350273803

白馬の山々が一面に見渡せ、大変気持ち良い風景です。



12月31日はカウントダウンイベントが各スキー場で行われています。
八方の名木山ゲレンデもそのひとつ。
寒波で大粒の雪が降る中、たくさんの人が集まっていました。
1422350275131






イベント会場ではカウントダウンの時間までプレゼントの抽選会や無料のホットカルピスの提供などが行われ、みんなで身を寄せ合って体を温めます。










そしてカウントダウン!! ナイターの照明が落とされ、今か今かと待ちかねます。
1422350276537
















・・・3、2、1!!パーーン!!
と花火が上がり、暗闇の雪を照らします。スキー場で花火を見るなんて初めての経験でしたが、夏の花火とはまた一味違う楽しさがありました。
ただ、最大限の防寒をしていくことをオススメします。笑

1422350279666


1422350277685


1422350488758












2日目は白馬五竜&47へ。
1422350486652

白馬五竜&47は、名前の通り「白馬五竜スキー場」と「Hakuba 47 WINTER SPORTS PARK」という2つのスキー場が繋がっており、一日では全てのコースをまわりきれないほど広く、キッカーやボックスなどのパークが設置されている為、アクティブに楽しみたい方にはもってこいのスキー場です。とはいえ初心者向けの広くて緩いエリアもあるのでご安心を。

この日はガス(濃霧)がひどくて5m先も見えないほど。こういうときはスピードを出さないように気をつけて、コースを探ります。五竜には何度も行っている私も、このときは本当に遭難するかと思いました。先に滑っている人を見失うと全く方向が分からなくなります。そしてコース外の深雪に埋もれ、出られない!!という恐怖。みなさんも気をつけて下さい。こういったときに怖いのが、前の人が見えなくて激突し、怪我をさせてしまうということ。また、自分自身が転倒して動けなくなること。そんな時のために、スキー旅行に行く際には必ず保険にご加入いただくことをおすすめします!見知らぬ人を怪我させて損害賠償・・・なんてことのないように十分に注意して滑りたいものですが、スキー場での怪我は本当に多いので、万が一の為に準備していくことも大事だと思います。
1422350317727
話はそれましたが、明るいうちに滑り終えると夜行バスの出発まではかなり時間が余ります。そこで!五竜のエントランスである「五竜エスカルプラザ」は24時間オープンしており、夜行バスまでの時間を潰すにももってこいの場所です。レストラン、温泉、広い休憩スペース、大型ロッカー、売店、なんでもあります。またナイターゲレンデ目の前にあるため、ギリギリまで滑りたい方はナイター終わりに温泉入って着替えてバスに乗る!なんてこともできます。白馬周辺の受付施設では一番充実しているのでおすすめです。
滑り終わった後に入るお風呂は、最高に気持ちいですよ!

エスカルプラザ前の写真です。↓
1422350376493

スキーシーズンはもうしばらく続きます!!
みなさんも是非白銀の世界で楽しんでください☆

苦楽園営業所
向地 歩美






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月27日

信州白馬 トロイメライ1泊2日 

≪信州白馬 トロイメライ1泊2日≫

5月10日(日)から1泊2日で白馬トロイメライ研修旅行に行ってまいりました。
貸切バスで一路、長野県白馬へ!

途中、岐阜県の恵那峡大橋へ。鉄橋を渡りながらきれいな緑色の川と切り立った崖を眺められました。
恵那峡

 
長野県の大王わさび農場にも立ち寄り、わさびソフトクリームを食べました。わさびの辛さは全く無く、甘くて美味しかったです。

トロイメライ到着まで、休憩・昼食・観光を含み約8時間かかりましたが、こまめに休憩が入ったのであまり疲労感はありませんでした。
ちなみに観光しなければ、神戸から車で約7時間です。
JR利用なら新大阪〜名古屋を新幹線+名古屋〜松本を特急しなの+レンタカーで約4.5時間です。

つづく
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)