山陽・四国

2018年05月12日

女子旅のすすめ(前編:松山・道後温泉編)

いつも弊社ブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。
六甲道営業所の後藤と申します☆

今回は、道後温泉と倉敷旅行の様子をレポートいたします。

今回の旅のテーマは女子旅です・・・!!
かなりボリューミーな内容なので、前編「松山・道後温泉編」と後編「岡山・倉敷編」の2本立てでお伝えいたします♪

今回は前編「松山・道後温泉編」でございます。

さて、四国って遠いイメージがありませんか?香川・徳島ならまだしも、愛媛・高知に行くのに一体何時間かかるんだろう、と足が遠のいてしまう気がします。

松山までJRを利用して行く場合、京阪神地区にお住まいの方は岡山まで新幹線で向かったのち、特急「しおかぜ」に乗り換えてトータル4時間ほどで到着いたします。

「ほら見たことか!やっぱり遠いじゃないか!」と思われるかもしれませんが、長時間の移動も退屈させない魅力が特急「しおかぜ」にはあるのです。

一つ目は車窓からの景色です。
瀬戸大橋を渡って海沿いをずっと走り続けるので、瀬戸内海の多島美を間近に楽しむことができます。私たちが行ったときは雲ひとつない快晴で真っ青な海と空が非常に美しかったです。

二つ目はお子様連れでも楽しい「アンパンマン列車」です。
私たちが乗った車両は異なりましたが、便によってはアンパンマンのラッピングをした車両で運行しています。アンパンマンの原作者のやなせたかし先生が高知県出身ということで、JR四国とのコラボレーションが実現したものです。この「アンパンマン列車」は大人気なためすぐに座席が埋まってしまうほどです♪
女性ばかりでとりとめもない話をしながら、車窓からの風景を眺めていればあっという間に松山に到着いたします

しおかぜ車窓


さて、松山駅に到着した後は松山市内を走っている路面電車で松山市内の繁華街・大街道に向かいました。市内観光の目玉である松山城や、坂の上の雲ミュージアムはここ大街道が最寄駅で、地元名物を取り扱う店も多くあります。

昼食は「かどや」というお店で鯛めしをいただきました。
恐らく皆様が想像する鯛めしは、鯛を丸ごと米飯で炊き込んで、ホクホクの身をほぐして食べるものかと思います。

松山でもこのスタイルで食されていますが、この「かどや」では愛媛県宇和島市の「宇和島鯛めし」が提供されています。なんと宇和島式の鯛めしは、新鮮な刺身の鯛を生卵を溶かしただし醤油に浸けて、直接あたたかい白米の上に乗せるのです!
いわば鯛の刺身の乗ったたまごかけご飯。ひと口食べた途端その場にいた皆が

「お、おいしい・・・!!!!!」

と口々につぶやくほどの美味でした。
火を通す文化の人が見たら卒倒しそうな組み合わせですが、今までたまごかけご飯が苦手だった私でもおかわりが欲しくなるくらいとーーーっても美味しくて、きっとこの鯛めしに感動するために生卵苦手族として生きてきたのだと、しみじみ感じるほどでした・・・。
大街道では、松山式鯛めしも宇和島式鯛めしも競合してる激戦区ですので、ぜひ食べ比べにトライしてみてください☆☆☆

鯛めし


松山城へはロープウェイまたはリフトで上がることができます。加藤嘉明が築いた松山城は、日本で12箇所しか残っていない「現存12天守」のうちのひとつで、攻守ともに非常に優れたお城と言われています。頂上からは松山市を一望でき、瀬戸内海も臨むことのできる絶景スポットです♪

ロープウェー


松山城


また、ロープウェイで山麓に戻ってきて数分歩いた所に
「坂の上の雲ミュージアム」があります。
「坂の上の雲」は司馬遼太郎原作の小説で、2009年から3年間ドラマも放送されましたが、その小説内で登場する松山兄弟や正岡子規が生きた明治の時代を紹介する博物館がこの「坂の上の雲ミュージアム」です。建築家・安藤忠雄の設計ですので、小説を読んでいない人でもその独創的な空間を目当てに楽しむことも出来るオススメのスポットです☆☆

その後、私たちは道後温泉へと向かいました。そのときに乗ったのが「坊っちゃん列車」です!!!伊予鉄道の開業間もない頃から67年間にわたり活躍した蒸気機関車がモデルで、夏目漱石の小説「坊っちゃん」でも登場人物がこの蒸気機関車を使用したシーンがあることからこの名前が名付けられました。

小さな蒸気機関車(実際はディーゼルエンジンで走るらしい)が街中を走っているのは可愛らしく、道行く観光客がみんなパシャパシャと写真を撮る大人気ぶりです

最終の便が終点の道後温泉駅した後はゆっくりと鑑賞することができますので、絶好の記念撮影スポットでもあります☆☆☆

坊っちゃん列車


 その夜は「大和屋本店」に宿泊しました。JTB宿泊アンケートで総合89点を獲得する道後温泉でもかなり人気の高いお宿で、大和屋本店のシンボル能舞台「千寿殿」では、観覧だけでなく能舞台の体験講座にもご参加いただけます。

お部屋は純和風の数寄屋造りで、今回は女性5名で宿泊いたしましたが、ゆっくりくつろぐことができました。温泉街のシンボルである「道後温泉本館」にも歩いて数十秒で行ける好立地ですので、チェックイン後も温泉街をブラブラ楽しみたい方にオススメです♪朝ごはんも地のものを楽しむことができ大満足でした

大和屋朝ごはん


 某ジブリ作品のモデルにもなったと言われている「道後温泉本館」は温泉街で一番の人気スポットですので、施設内は入浴客でごった返していました

道後本館


ゆっくりとお風呂を楽しみたい方には昨年の12月にグランドオープンした
「道後温泉別館 飛鳥乃湯」が広々としていてオススメです。
飛鳥時代を思わせる概観で、夜ライトアップされた姿はとってもフォトジェニックです・・・

 フォトジェニックの話題が出たので耳よりな情報をお伝えいたします。ただいま道後温泉街では約20名のアーティストとコラボした「道後オンセナート」という祭典を開催しています(会期は2019年2月末まで)。
今回ご紹介した大和屋本店でも、写真家・蜷川美花とコラボしてロビーや客室の一部をアートで彩っていますので、ご宿泊の際はぜひそちらにも注目してみてください!なお、展示期間が限られているものもございますのでご注意を!!

道後温泉の魅力はこのほかにもまだまだございますが、紙面の関係上ここまでのご紹介とさせていただきます。
気になることがあればお近くのお店までお気軽にお立ち寄りください!
次回は後編「岡山・倉敷編」をお伝えいたします。どうぞお楽しみに!

六甲道営業所
後藤 沙也花


S__5922818





















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年04月12日

「うさぎの島」へ行ってみませんか?

こんにちは
三ノ宮営業所の和田です。

今回紹介するのは…広島県の大久野島
近年注目を集めている「うさぎの島」です。

おおくの島1


関西からのアクセスは新幹線三原駅よりJR呉線に乗り換えて、
忠海(ただのうみ)駅からすぐのところにある港からフェリーで15分

おおくの島2


フェリーを降りた瞬間からうさぎだらけです。

おおくの島3
おおくの島4


おおくの島5
おおくの島6


1970年代に島が無人化された際、島内の小学校で飼われていたうさぎを離したものが野生化し、現在は約700羽のウサギが暮らしているとされています。

おおくの島7
おおくの島8


エサをみせると近寄ってきますが、エサは島内では販売されていないので、島に入る前に野菜や市販のウサギのエサを調達しましょう
パンやお菓子を与えるのは禁止です。マナーを守ってうさぎと戯れましょう!


大久野島と組み合わせて訪れたい観光地

竹原 安芸の小京都と呼ばれる商家町 NHK連続ドラマ「マッサン」のモデルでニッカウヰスキーの創業者竹鶴政孝の生家「竹鶴酒造」があります。

竹原


尾道 古いお寺や趣のある建物が並ぶ「坂の町」。映画や小説の舞台としても有名です。

尾道


鞆の浦 潮待ちの港として古くから栄えた、穏やかな瀬戸内の風景が楽しめる港町。ジブリ映画の「崖の上のポニョ」のモデルにもなっています。また、近くには温泉旅館も数件あります。

とものうら


しまなみ海道 大久野島からは愛媛県の大三島へのフェリーも運航しています。フェリーを乗り継いで愛媛側に渡るのもおすすめ

しまなみ海道


今治 しまなみ海道愛媛側の町 タオルや造船の町として有名です。人気のご当地キャラクターは、2012年のゆるキャラグランプリでグランプリに輝いた「バリィさん」。名物料理は焼鳥と焼豚玉子飯!

焼豚玉子飯


道後温泉 今治からさらに車で走れば松山市。歴史ある道後温泉本館の建物は必見です。

道後温泉本館
 

話題のうさぎ島と周辺めぐり。是非ご検討下さい!
ご旅行のご相談は、ぜひお近くの弊社営業所へどうぞ。

三ノ宮営業所
和田 意知朗


S__5922818





















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 19:30|PermalinkComments(0)

2017年12月27日

広島・宮島へ行ってきました

こんにちは
いつも弊社ブログをご覧いただきありがとうございます。
2回目の登場となります、岡本営業所の阪田と申します。

先日、三ノ宮営業所所長の香山のサブとして
初めて添乗に行かせていただきました!

11月11日(土)より広島へ1泊、
お客様はなんと、外国人の方々です

初めての添乗で、しかもお相手は日本語のわからない異国の方々・・・
緊張してご案内がうまく出来なかったり、
文化の違いを感じて戸惑ったり、
色々とご迷惑をかけることもありましたが、

お客様みなさま、私の覚束ない説明にも笑顔で答えてくださる
気さくでフレンドリーな方々で、
ご一緒していてとても楽しい時間を過ごすことができました(*´ -`)(´- `*)

また幼稚園の頃から学んでいた英語をフルで活用することができ、
非常によい経験をさせていただきました!

この経験を生かして、今後もお客様のお役に立てるよう精進いたします

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

観光で訪れた場所は、平和記念公園宮島です。
どちらも私たちだけでなく外国人観光客の方がとても多かったです。
中でも平和記念公園は、日本人と外国人が半々くらい、という比率の高さ
日本の歴史・文化に関心を持ってこられるインバウンドの方が増えているんだな、と実感いたしました。

市内は紅葉も美しかったです!

IMG_6250


原爆ドームと紅葉のコントラストに魅了されました。

こちらはフェリーから撮影した宮島の写真です。

IMG_6260


宮島は八分咲き(?)といったところでしょうか。


写真を撮る余裕がなかったため、数が少なくお恥ずかしい限り・・・(≡ω≡.)


紅葉の時期は過ぎてしまいましたが、
広島は今、牡蠣が旬まっさかりです
この冬の旅行、
世界遺産美味しいものを一度に堪能できる広島を
候補に入れてみてはいかがでしょうか?

ご旅行の相談はぜひ、お気軽にお近くの弊社営業所まで

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

岡本営業所
阪田 真希


S__5922818




















新長田板宿主催カニバス表


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:30|PermalinkComments(0)

2017年12月06日

香川県・こんぴら温泉添乗記

いつも当社のブログをご覧頂きまして、誠に有難うございます。
私、大阪は堺市にあります『三洋旅行・北野田営業所』の田村と申します。

今回は11月の初旬に、とある団体旅行の添乗員としてご一緒させて頂きました。
そのときのことを少し記事にしたいと思います。

旅行の目的地は香川県・琴平温泉
皆様ご存じ、金刀比羅宮(こんぴらさん)のすぐ近くにある温泉地です。


大阪から明石海峡大橋を渡り、淡路島を抜け、大鳴門橋を渡り向かいます。
四国へ渡る直前に、休憩で淡路島最南端の『道の駅うずしお』に立ち寄りました。
ここでは淡路島の名産品、お菓子などが買えるだけでなく、少し歩くと大鳴門橋が
一望できる展望台があります。


写真1
  


時間さえ合えば、ここからうずしおを見ることも出来ます。
※残念ながら、今回は時間が合わず、うずしおを見ることはできませんでした


淡路島から四国に入り、宿泊先に行く前に高松市内にある
『栗林公園』へ立ち寄りました。「公園」という名前こそ付いていますが、
実際には国の特別名勝に指定された日本庭園です。
春は桜、秋は紅葉の名所としても有名で、特に紅葉の時期は夜のライトアップも。
また無料のボランティアガイドさんも待機していて、歴史や庭木の説明を聞きながら公園内を周ることも出来ます。※団体の場合は予約が必要です。



写真2
  



そして、今回の旅の目的地である、こんぴら温泉郷に到着しました。
この日のお宿は『琴平グランドホテル 桜の抄』
このお宿は、なんといっても立地が抜群!
ホテルの玄関を出て約20Mで、金刀比羅宮の参道に出ることが出来ます。



写真3
  



しかし・・・ここから先が長い!!石段を登り始めて365段で、『大門』に到着。



写真4
  



『金刀比羅宮(こんぴらさん)』の境内はここからになるのですが、
石段はまだまだ続き・・・
計785段の石段を上って、ようやく御本宮に到着です。
私の足で片道約20分、参拝も含め往復約1時間かかりました。
お参りを済ませ展望台に行くと、このような景色が疲れがスッキリ取れました。



写真6写真5
※右写真の左手に見える山は、「讃岐富士」の別名を持つ「飯野山」です。
  


本宮から、石段をさらに590段ほど登った所には奥社があるのですが、このときは先般の台風の影響で行けなくなっていました。



こんぴら温泉郷には、今回利用させて頂いた『琴平グランドホテル 桜の抄』のほかに、『桜の抄』の姉妹館である『湯元こんぴら温泉 華の湯紅梅亭』『ことひら温泉 琴参閣』等、その他たくさん旅館があります。
こんぴら温泉郷へお出かけの際は、お泊りで観光することがオススメです。

ご旅行のご相談は、ぜひお近くの弊社営業所までお問い合わせ下さい!

北野田営業所
田村 雄司




S__5922818


















友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:30|PermalinkComments(0)

2014年09月10日

2014年 ぱしふぃっくびいなす 瀬戸内チャータークルーズ

はじめまして、法人営業部の松田です。

先日弊社でチャータークルーズをした時の様子を少しご紹介させて頂きます。

梅雨真っ只中の7月17日。心配していた天気も問題なくいいお天気で大変暑い日。神戸港より九州博多港へ向けて出発です。
今回のぱしふぃっくびいなすは約26000トン。さんふらわあの2、5倍という大きさです!約300名のお客様と2日間のクルーズを楽しんできました。
出航前のセレモニー【セイルアウェイ】ではほとんどの方がデッキに集まり紙テープを投げたりシャンパンを飲みながら旅の始まりを楽しまれていました。
出航後すぐにランチ。食事中に明石海峡大橋を通過。海の上から見る明石海峡大橋はなかなか壮大なものでした。

NCM_0432





写真は、船から見たメリケンパークオリエンタルホテルです。
1409962124417










ランチの後は各会場でカルチャースクール。手芸教室やお茶席などをお楽しみ頂きました。後日談ですがお茶席のお菓子、かなり有名なお菓子だったそうです(お客様談)
その後は豪華なフルコースディナー。昼間とは装いも新たにドレスアップされたお客様がレストランへ。ご夫婦、友人など楽しいひとときをお過ごし頂きました。
食後はマジックショーと大ビンゴ大会。全国有名温泉の宿泊券や名産品をかけてのビンゴ大会。ご乗船されたほとんどのお客様がご参加して下さいました。
私のお客様にいい商品が当ったのが一番嬉しかった気が……(笑)




1409962132059











2日目もいいお天気。午前10時、博多港に無事到着。バス7台で門司港レトロ観光へ。食事は門司港名物の焼きカレーが入ったランチ。船であれだけ食べたのに
皆さんほぼ完食。とても美味しかったようでした。

旅には色々な形がありますが船の旅はとても優雅な気持ちになれる楽しいひとときでした。この感動を一人でも多くの方に味わってもらいたいなぁと思います。
あっという間の2日間でした。機会があれば次はプライベートで乗ってみたいです。

最後になりましたが暑い中、神戸港で見送りをして頂いたスタッフの方ありがとうございました。新入生の皆さん。船から《いってらっしゃいませ》のボード、しっかり見えてましたよ



1409962122795






一度行くとこれからはまってしまいそうになるクルーズ旅行。皆様もぜひ一度ご乗船下さい!

NCM_0435


法人営業部 松田



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月18日

広島 列車の旅〜1泊2日〜

かなり前になってしまいますが、まだ寒さの厳しい1月8日から、1泊2日で広島へ行って来ました。往復の新幹線&宿泊施設の予約は完璧!
しかし、後はノープラン!!どこで何をするのか、行ってみてから考える、そんな旅を満喫してきました。
昼間の鳥居


≪1日目≫ 
新神戸から、ひかりレールスターにて広島へ。平日なので空いているだろうと思いきや、スーツを着たビジネス客で結構混んでいました。周りの方々が難しそうな書類や本に目を通している中、私たちはガイドブックを片手に「まずドコ行く?」とノンキな会話。

あーだこーだと話した結果、呉の大和ミュージアムへ足を延ばすことにしました。広島駅で新幹線を降り、在来線にて呉へ。
呉の駅からミュージアムへは連絡通路があり、徒歩で5分ほどあれば行ける距離です。のんびりと歩いていると、隣から同行者の悲鳴が・・・何があったのかと思うと、なんとまあ、目の前の入り口には「休館」の文字が。もぅ笑うしかありません。ノープランだから仕方が無いと、潔く諦めました。みなさんはお気をつけ下さいませ(>_<)

大和ミュージアム
大和大和ミュージアム
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 19:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月01日

道後温泉・松山旅行

11月15日3連休を利用し、旧千円の顔!漱石追跡の旅に出かけました。
神戸はポートターミナルから出航する関西汽船に乗って出かけました。

22:40の出航ですが、気合を入れて1時間前に到着しました。
私は、灘からタクシーで向かったのですが、参考までにだいたい1200円くらいで行けたので、三宮から乗り継ぎをして電車代を考えると安かったと思います。

ハーバーランド


部屋は1等ツイン。
シャワー、トイレ無しの部屋でしたが、個室だったので、ゆったりとくつろげました。
中には、レストラン、御土産屋さん、そして大浴場がありました。
先ずはレストランで軽い食事を取りました。
海上だったので、ここは!と思い、800円の海鮮丼を賞味させていただきました。
割と美味しく感じたのは、雰囲気もあったのかもしれません。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 20:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)