北海道

2018年04月25日

社員旅行INサッポロ!!

いつもアクセスありがとうございます。
三洋旅行・藤井寺営業所の横部幸二と申します。
寒かった冬が終わり、暖かな春の陽気が気持ちの良い季節となりましたね。

少し前のお話になりますが、今回は2月に訪れた北海道札幌への研修旅行についてご報告します。

ADOで札幌へ


神戸空港より新千歳空港に降り立った私達一行が最初に向かった先は、札幌のランドマークタワーである「さっぽろテレビ塔」
地上90mの展望台からは360度のパノラマ・ビューが広がります。旅の初めに高いところに上がり、私たちもテンションMAX!

さっぽろテレビ塔全景
さっぽろテレビ塔風景


さっぽろテレビ塔風景


さっぽろの街全体を東西南北に俯瞰でき、評価◎でした。
私達が訪れた日は2月1日。大通公園では「さっぽろ雪まつり」を4日後に控えていましたので、雪まつりの最終作業が急ピッチに進められておりました。ちょっぴり雪まつりも楽しめてラッキーでした(((´∀`))ケラケラ

雪祭り最終準備
雪祭り最終準備


雪祭り風景


そして、さっぽろテレビ塔から徒歩で札幌のシンボル「札幌市時計台」へ。
「時計台」を初めて目にした私は、都会のど真ん中に佇むその姿に感動し、時計台正面にある撮影台からカメラを縦に横にとパチパチ撮っていると、一緒に行動をしていた他営業所のスタッフが、もっとおすすめの撮影スポットがありますよ!と教えてくれました。

時計台


時計台の向かいに建つMNビル2階に“時計台撮影テラス”があり、そこからは時計台全体をカメラに収めることが出来ます
「私も中学の修学旅行時にこのビルに上って全体集合写真を撮ったことがあったのを思い出した!」というスタッフもおり、グループでのご旅行の記念撮影にオススメですね!

お腹が空いた私たちが次に向かった先は、「ビアケラー札幌開拓使」
開拓使時代を偲ばせるレンガ建築が印象的な「ビアケラー札幌開拓使」は、サッポロファクトリーにあります。

夕食
夕食


夕食
夕食


ここでは本場のジンギスカン料理と、サッポロビールをはじめ、地ビールやエビスビールに季節限定ビールなど様々なビールを頂くことが出来ます。私達もまずはサッポロビールでカンパーイ!!
醤油・塩・味噌の特製味付けジンギスカンとタラバガニ、そしてお寿司をお腹一杯頂きました。

札幌の夜はまだまだ終わりません。
みなさんお酒のシメは何ですか?やはり定番はラーメンですよね?
でも札幌の方々は、甘〜いパフェを食べることが定番のようで、その名も
「シメパフェ」と言うらしいのです!っと言うことで、私達一行も「シメパフェ」体験に、サッポロで今や超人気店の【パフェ、珈琲、酒、佐藤】へ行くことに。

パフェ佐藤のれん (パフェと書かれています!分かりますか?!)


タクシーで移動し、すぐに到着。時間は夜の22:00。寒い冬の夜、やはり店の前は3組ほどのお客様が待っており店内は大賑わい・・・私達もブルブル寒さに震えながら、期待に心を膨らませ待ちました!カクテルグラスのような器に色彩豊かなパフェ。

シメパフェ
シメパフェ


ソフトクリームに焼き菓子が添えられるなど上品なパフェで、とっても美味しかったです!みなさんも是非札幌にお出かけされましたら、「シメパフェ」を!!

そして宿泊ホテルがある「すすきの」へ。すすきのは、約3,500店とも言われる飲食店や娯楽施設がひしめく東京以北最大の歓楽街です。
今回私たちは、すすきのエリア徒歩圏内の【札幌東急REIホテル】に宿泊しました。
札幌駅からホテル間は無料の送迎バスもあり、観光やビジネスで訪れるお客様にも最適です。実際この日も、観光に訪れるファミリーや団体・グループ旅行、そして訪日旅行に訪れた外国人の皆様で大変賑わっていました。

ホテル朝食
ホテル朝食


朝食は、北海道産の牛乳や野菜、お魚などを使用した和洋のバイキングがとっても美味しかったです。札幌市内にはたくさんのホテルがございます。その中で一つを決めるのは難しいですが、今回宿泊したホテルは、すすきのエリアにあるという観光と交通の利便性の両面で考えると、どのニーズのお客様にも適したホテルだと感じました。

2日目は、事前予約をしていた定期観光バスツアー
『Buy−Bye札幌・小樽&千歳号』に乗車しました。
札幌郊外の人気都市小樽へも行くことができ、かつ新千歳空港へ15:40頃に到着するため、ご旅行最終日に最適なルートです。
さらに、文字通りお買い物も盛りだくさん。カニやホタテなど新鮮な海産物が並ぶ【札幌市場外市場】や、北海道土産の定番”白い恋人”のテーマパーク【白い恋人パーク】にも立ち寄ります。

札幌市場外市場風景


人気の港町小樽には12:00頃到着し、昼食時間も含めて約2時間というフリータイムは、駆け足となり少し物足りなさも感じますが、たくさんのお土産が一緒に買えて、近郊の人気エリア小樽へも一緒に行けて、かつ新千歳空港へ移動出来、最終日に最適な定期観光バスの旅を体験しました。

小樽


北海道は大きいので、ついついレンタカーがないと移動しにくいのでは?と思ってしまいますが、現地の定期観光バスをオプショナルツアーとして上手く組み込むことで、北海道も効率よく回ることが出来ますよ。

春夏秋冬…その季節それぞれに、色鮮やかな表情を見せてくれる北海道。これから夏に向かう北海道へ、皆様出かけてみてはいかがでしょうか?

お問い合せはお近くの営業所スタッフへお申し付けください!お待ちしております!

藤井寺営業所
横部 幸二


S__5922818





















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:30|PermalinkComments(0)

2018年01月10日

Japan’s Best Ski Resort, Rusutsu

新年あけましておめでとうございます\(^▽^)/
大久保営業所の北山です。
旧年中は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます




早速ですが、2018年初回のテーマは「北海道スキー」
先日研修で行って参りました、ルスツリゾートをご紹介したいと思います^^

道内最大級の規模を誇るスキーリゾート・ルスツ。
新千歳空港からのアクセスはスキーバスで約2時間です

10656map

このスキーバス、通常ルートであれば日本最北の不凍湖・支笏湖の真横を通るんです(^_^)車窓からの景色も見逃せませんね



ルスツリゾートの魅力は語り尽くせない程たくさんあるのですが、まず最初にご覧頂きたいのはゲレンデからの素晴らしい眺望です(*´∀`*)
1514596167891
左に見える美しい円錐形の山が、蝦夷富士こと羊蹄山(ようていざん)ですね♪
羊蹄山ビューのゲレンデと言えばニセコが有名ですが、
お天気の良い日はルスツからも写真のようにバッチリ羊蹄山が見れるんです^^

さらにさらに…
ルスツのゲレンデは3つの山で構成されていて、その内最も高いMt.イゾラの山頂まで登ると洞爺湖を望むことが出来ます(^^)
1514610831627
どうですか、この雄大な景色
北海道に来たっという実感が湧いてきますねぇ〜(。>ω<)


もちろん、素晴らしいのは眺望だけではありません。
2つ目の魅力は、ふわっふわのパウダースノー
パウダースノーとは気温の低い時に降る乾燥した軽い雪のことで、水分量が少なければ少ない程スキーヤー・スノーボーダーには好都合なわけですが、中でもルスツに降る雪の含水率はなんとたったの5%程と言われていますΣ(・ω・ノ)ノ 
つまりほとんど空気で出来た雪
転んでも痛くないのでお子様や初心者の方も安心して滑れますねヾ(=^▽^=)ノ


そして、なんと言ってもルスツ最大の魅力は整備の行き届いた圧雪バーン
ルスツリゾートでは、毎晩欠かさず11台の圧雪車でゲレンデ整備を行っています。その優れた圧雪技術は海外からの評価も高く、世界屈指の美しいグルーミングバーンを求めて世界中のスキーヤー・スノーボーダーがルスツにやって来るそうですよ^^
1514596723673
(グルーミングバーンとは、圧雪車が通った後のギザギザ模様が付いた斜面のことです。写真は夕方に撮った為滑走跡が残っていますが…)
朝イチで整備したてのバーンを山頂から滑り降りたら、それは気持ちが良いでしょうね〜( ̄▽ ̄)。o0○
フフフ…想像するだけでワクワクします



続いてルスツリゾート内にある二つのホテル、ルスツリゾートホテル&コンベンションウェスティンルスツリゾートのご紹介を少し。


ホテル&コンベンションは客室数約530、館内にはメリーゴーランドやショッピングゾーン、屋内プール等の様々な施設があり、まるでひとつの街のような巨大なホテルです客室はこのような感じ。
1514596867881
こちらは、JALパックのプラン専用のディズニールーム
1514596889737

館内には本当にありとあらゆる施設が揃っているのでお天気や体調が優れずスキーが出来ない日でも快適に過ごすことが出来そうです♪ゲレンデ隣接の立地も魅力的ですね(^ω^)


もう一方のホテルは、全室メゾネットタイプウェスティンルスツリゾート
ドアのすぐ横に階段と寝室があり、下の階がリビングルームという贅沢なつくりになっています。
1514596933412
一番小さいタイプの客室でも76屬△蠅箸辰討盥々。寝室のベッドには雲の上の寝心地と称される「ヘブンリーベッドを使用しているので、スキーで疲れた身体をゆっくりと休めることが出来ます( ˘ω˘ )zzz
1514597014647

二つのホテルは専用のモノレールで繋がっており、宿泊者の方は両館の大浴場を利用することも可能です。また、両館併せて10店以上のレストランがあるので長期滞在でも飽きることなく食事を楽しめそうです



ここまで長々と語って参りましたが、ルスツの魅力、伝わりましたでしょうか?
最後にひとつとっておきの情報を^^
今回ご紹介したルスツリゾートですが、実は世界のスキー観光産業で
最も栄誉ある賞『WORLD SKI AWARDS 2017』において、
Japan's Best Ski Resortすなわち日本一のスキーリゾートに選ばれているんです( •̀∀•́ )


上級者の方もビギナーの方も、今年の冬は日本一のスキーリゾート・ルスツでスキー、スノーボードを楽しまれてはいかがですか?

スキー旅行のご相談は弊社各営業所まで♪
今年も店頭で皆様とお会いできることを楽しみにしております(^ω^)


大久保営業所
北山 紗那子

S__5922818




















新長田板宿主催カニバス表


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:30|PermalinkComments(0)

2014年09月17日

おすすめのお宿 〜北海道編〜

こんにちは。
三洋旅行都島営業所勤務の 倭 裕彦(ヤマト ヤスヒコ)と申します。
弊社のブログをご覧いただきまして有難うございます。

北海道を旅して30年!!
あくまでも、私の独断と偏見ですが北海道で一押しのお勧めのお宿をご紹介いたします。
「騙されたと思って宿泊してみて下さい」と申し上げても過言ではありません!!


お宿の名前は


    
心のリゾート海の別邸ふる川


場所は、有名な登別温泉の近く。
       太平洋に面した高台にあり、これぞ絶景です。

北海道でもご紹介したいお宿が多々あるなかで、このお宿を選んだ理由は


全てが良いから



サービス、料理、お部屋、お風呂・・何もかもに満足するお宿
   しかも、そのすばらしい内容にしては宿泊料金は高くありません。
        コストパフォーマンスも最高です。


このお宿のすばらしさを決定的にしているのが、接客
 スタッフ全員の、きめ細かでアットホームな接客は深く印象に残ります。
 接客は、全てマニュアル通りだと思いますが、それを全く感じさせません。
 どこまでも自然な接客で、嫌みが全くなく暖かい接客ぶりは、そのスキルの高さを感じます。



お風呂の内湯もいいですが、露天風呂はもう最高
 遮るものなしで、太平洋に向かって豪快な温泉が楽しめます。
 満点の星のすばらしさを想像してみて下さい。

108




料理は、近海産の海の幸、とろけるような白老牛を中心に、北海道産の素材をふんだんに使った絶品セットコース。一品一品が豪快且つ繊細・・最高の料理内容ですよ。
品数の多い料理は得てしてもう食べられないという満腹感で最後まで美味しく味わえないことがありがち。
ところが、このお宿のお料理は満腹感なく、最後まで美味しくいただける絶妙感があります。朝食も当然大満足。
★注意:宿泊プランや季節により料理内容は変わります。




127



128




20120119121126eda




客室には、テレビはありません。 全室禁煙。
 さすがは心のリゾート。静けさ、安らぎを大切にするお宿らしい配慮と演出。
  静かに、ゆったりと滞在できない人は宿泊べからず!!です。


20120119105345e63



ご紹介した心のリゾート海の別邸ふる川は、元々ホテルビュアールという公務員関係の宿泊施設だったもの。建物自体は、築後20年ほど経過していますが、内装等を完全に一新し2006年にオープン。
定山渓温泉と小樽にお宿を展開する「ふる川」の直営。
オープンから年数が経っていないのに、リピーターが多いお宿で私もその一人です。
1泊2日でリピートしたことも(笑)




最高の景色、最高の料理、最高のお風呂、
    付かず離れずでアットホームな洗練されたもてなし。
           騒がず、心静に、癒されたい方・・・どうぞご宿泊を!!


このブログは2011年1月17日に宿泊した際を元に作成しております。



周辺の観光スポットも豊富。
  これを書き出すと止まらなくなります。(笑)から、次回の機会にたっぷりとご紹介します。
  ご紹介したいお宿だけでも。



ご笑読、ありがとうございました。




2014年9月17日
三洋旅行 都島営業所  倭



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 17:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月19日

☆白い北海道☆

12月初旬から2泊3日で北海道 へ行った時のブログです。 

〜1日目〜

伊丹からANAを利用し、札幌へ…
到着後、ノーザンホースパークに行きました。新千歳空港からシャトルバスがでていて、20分くらいで着きます。
ここでは乗馬体験や厩舎見学ができます。ここは夏に行くほうがおススメです。

ノーザンホースパーク




続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 18:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月23日

北海道◇富良野-美瑛1泊2日◇

1泊2日と短い時間でしたが、北海道(主に道央)へ行ってきました。

◇6月13日(水)
ANA401便で神戸空港から新千歳空港へ。神戸から2時間で北の大地に到着です。
今回は、レンタカー移動の旅でした。“北海道旅行で道内の移動をレンタカーで!”という方が多いと思いますが、一つお気を付けいただきたいことがあります。新千歳空港はかなり広く、レンタカー受付カウンターは到着口と同じ1階にあるのですが、車道を挟んで別棟で、且つ車道を横切れないという造りになっている為、一度2階へ上がってからでないと辿り着かないという仕組みになっています。

flower

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)