2017年06月17日

はじめての台湾 〜九份・士林夜市編〜

こんにちは。
いつも弊社のブログをご覧いただきありがとうございます。
こちらでは2度目の登場となります、茨木営業所の花房と申します。
5月の下旬に弊社のスタッフ3名で、2泊3日で台湾へ旅行してきました。
私自身、初めての台湾旅行で、とても楽しみにしていました。


今の時期、台湾は梅雨・雨季に当たります。日本の沖縄よりやや南よりに位置しておりますので、沖縄よりも少し早めに梅雨入りし、少し早めに梅雨明けするイメージを持って頂くといいかと思います。
また梅雨ではございますが、沖縄・八重山地方と同じように一日中雨が降るような感じではなく、曇り空中心で、雨が降るときはまとまった期間にまとまった量が降るイメージです。
そのような梅雨真っ盛りの台湾旅行でしたが、今回奇跡的に移動時間以外は雨に降られませんでした


そして、3日間の旅行期間のなかで数多くの名所を回ったのでお伝えしたい内容が多く、1回ではそのすべてを掲載しきれないため、この記事で紹介する1日目を私・花房が担当し、2日目を新長田営業所の岡が、最終日を岡本営業所の岸本が担当する3回に分けての連載となります。
それではご覧ください!


DSC_2046
      


1日目はチャイナエアラインでお昼頃に台北の桃園国際空港に到着しました。
今回はホテルまでの往復送迎がついていないプランを利用したので、台北市内までは今年3月に正式開業した『桃園機場捷運(通称:桃園メトロ)』を利用しました。
バスだと道路事情によっては所要時間が読めないのですが、メトロを利用した場合、一部の駅しか停車しない急行タイプの列車(直達車)だと台北駅まで38分で到着できます。また、この列車は15分間隔で運行していますので、時間を大きく気にしなくていいのはすごく楽でした。



★桃園メトロ・直達車(急行)の車内★    



★ホテルチェックインまで散策した、『台北の原宿』といわれるまち『西門町』★    


ホテルのチェックイン時間まで街を散策し、大きい荷物をホテルの部屋に置いたあと、1日目のメインである『九份』へと向かいました。
パッケージツアーの場合、往復バス付きの組み込みプランが主流になっているようですが、台北では列車やバスを使っていくことも比較的容易です。


ホテルですが、今回はCグレードホテル無指定という同グレードでホテルおまかせプランでした。実際に宿泊したのは『統一大飯店(ユナイトホテル)』です。


台湾旅行20170522-24_170528_0182
★ホテルの玄関写真★    


最初はどんなところなのかと、3人ともおっかなびっくりだったのですが、想像していたよりずっと良かったです
フロントの方も日本語が通じますし、宿泊者も日本人の方が非常に多かったです。
そして一番の親日国と言われるだけあって非常にフレンドリーで優しいです。



DSC_2070
★宿泊ホテルの客室(背後にもう1つベッドがあります)★  
  


客室は3人部屋ということもあったせいか大変広々としており、華美な装飾はないものの機能的で清潔感ある客室でした
パッケージ商品ではなかなか指定できるプランはあまりないのですが、ご紹介でした。


話を戻しまして。
今回私たちは、台北駅から九份の入口になる瑞芳(Ruifang)まで列車、そこからバスに乗り換えて九份へと向かいましたが、台北を出てから約1時間で到着することが出来ました。
列車のきっぷを購入する際、言葉の面でネックになりますが、幸い私たち日本人は漢字が書けるので、希望列車の発車時間・乗車区間と枚数をメモに書いて見せれば買うことができます(写真参照)。


DSC_2405
★このようにメモを書けば切符が買えます★
※5/22 台北駅17:10発→瑞芳駅まで・莒光号562列車・大人3枚 と書いています。    



ちなみに、台湾鉄道の列車は大きく分けて普通(区間車)快速(区間快車)急行(莒光号)特急(自強号)と4種類ありますが、日本とは違って列車の種別ごとに運賃体系が異なり、しかも急行・特急は全席指定席なので、乗る列車の種別に応じた切符の購入が必要になります。
(それでも、運賃は日本に比べてかなり割安に感じます)
また快速以上は乗る列車によって停車駅もばらばらなので、目的の列車が降りたい駅に停まるかどうかの確認が必要です。


莒光号562列車
★台北→瑞芳で乗車した急行『莒光号』★    


瑞芳駅からのバスについては、台北近郊の大半の交通機関で利用可能なICカード(何種類かあるのですが、私たちが購入したのは『悠遊カード』)を事前に購入していたので、何の問題もありませんでした。
このICカードは関西でいうICOCAと同じで、最初にカード代を払ってカードを購入し、そこに金額をチャージして使うものです。100台湾ドル単位でのチャージになりますが、桃園メトロ、台北メトロ、台北近郊のほとんどのバス、さらには台湾鉄道(一定の区間内のみ)がこれ一枚で利用できます。さらに、台北メトロではこのカードを使うことで運賃が2割引になるという特典もついています。
なので、いちいち駅で切符を買ったり、バスでは小銭を準備したりしなくていいので非常に楽です。
往復送迎がついていないプランを利用される方は桃園国際空港にある桃園メトロの駅で、送迎付きの方は台北メトロの駅で購入可能です。


15218
★台北の交通利用に絶大な威力を発揮するICカード『悠遊カード』★    


さて、今や台湾観光においては切っても切れない存在となった街がこの九份なんですが、以前はこの街はひっそりとした街だったそうです。ところが、この街で『悲情城市』という映画が撮影されて以降、そのノスタルジックな雰囲気が注目を集め、今では一大観光スポットに成長したそうです。日本国内では『千と千尋の神隠し』のモデルにもなったという噂で有名になりましたのでちょっと考えられませんよね。
※上記の噂は、公式に否定されているそうですが…



DSC_2096
    



    


出発前の段階で、九份に行くなら絶対に夕方〜夜がおすすめだと聞いていたので、今回その通りに夕方(18時過ぎ)に行ったのですが、建物が密集する細い階段の路地がランタンの灯りに彩られ、幻想的な風景を見ることができました。



★この風景は、パンフレットなどでもおなじみですね★    



★狭い階段状の路地に、人がひしめき合っています★    



★ジブリ映画のモデルになったといわれている『阿妹茶楼』というお茶屋さん★    


ただ、平日の夕方でも非常に観光客が多いので、それなりの覚悟をもって出かける必要があると感じました。特に、帰りの九份から台北方面に向かうバス停には長蛇の列ができており、乗りきれずに次のバスを待たされる人が発生する状況だったので、専用バス利用のオプショナルツアー以外で行かれる方はスケジュールにある程度余裕をもって組む必要があると思います。

またその場合、帰りのバスは山の上側のバス停(九份老街バス停)で待つことをお勧めします。というのは、バスは山を下りてくるので、下側のバス停(九份派出所バス停)だと、上のバス停で満員になった場合、問答無用で通過されるからです(バスの行先表示装置には『客満(満員)』と表示されるのですが)。



★混雑する台北方面行きのバス停★    


一般的には歩くのが楽な、上でバスを降りて歩いて下に行き、下のバス停から帰る人が多いので気をつけて下さい。
また、瑞芳〜九份は急カーブが連続する山道であるにもかかわらず、バスの運転はかなり荒いので、乗り物に弱い方も注意が必要です。


…そして、台北市内に戻って夕食となるわけですが、台湾といえばやっぱり屋台!夜市ですよね!
というわけで、台北市内で一番規模が大きく有名な夜市である、士林夜市へ行きました。
地下鉄に『士林』という駅があるのですが、士林夜市の最寄り駅はその一つ手前の『剣潭』なので注意が必要です。剣潭駅を降りると、横断歩道の向こう側に夜市の入り口が見えています



★台北一の規模を誇る『士林夜市』★    



★通路の中央にまで露店が出ています…★    

中に入ると、さながら迷路のように細い路地が入り組んでいて、大きい道には中央や両脇に屋台が並び、人混みもあって歩くのが大変です。

しかしそれ以上に、日本であまり見かけなくなった屋台というもの、それらの東南アジアチックな感じの雑多な雰囲気が、いろんなものが詰め込まれたおもちゃ箱のようで、この先には何があるのか…と期待してしまう気持ちが高まり、とても楽しめます



★食品以外にも雑貨や衣類のお店もたくさんありました★    


結局、楽しんでいるうちに時間があっという間に過ぎ、ホテルに戻ったのは23時ごろになってしまいました
ちなみに夜市の大半は22時ごろまでがピークで、その後は徐々に店じまいされていきます。
士林夜市の営業時間は、一番遅くまで開いている店で深夜1時くらいまでだそうです。


台北夜景
★すっかり夜も更けたホテル周辺★    

…そんな朝8時の関空集合から台湾時間23時(日本時間24時)まで長く楽しく充実した1日をお届けしました。2日目と3日目も帰着まで非常に密度の濃い時間を過ごしましたので、次回更新もお楽しみにお待ちください!


最後に。
この記事を読んで、台湾に更に興味を持っていただけると幸いです。



人気の台湾旅行のご相談は、お近くの三洋航空サービス・三洋旅行各営業所へどうぞ!

茨木営業所
花房 良祐



















⇒ライン読者登録でブログの更新が確認できます!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 18:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字