2017年05月10日

飛鳥郷生郵組〜名古屋港着夢のワンナイトクルーズ(船内編)

皆様こんにちは。
茨木営業所の泉田です。
いつも弊社のブログにアクセス頂きありがとうございます。

「飛鳥 春のワンナイトクルーズ」
に乗船して参りましたで、今回は船内の様子をご紹介致します!!

飛鳥兇蓮屮ルーズ」というクルーズ専門誌で毎年開催の読者投票「クルーズシップ・オブ・イヤー」で25年連続1位受賞中のラグジュアリークルーズ客船です。

「飛鳥供廚悗療衂射由としては「船内で一日遊びまわっても時間が足りない」「豪華な船内とクルーによる丁寧なサービスが良かった」との理由が多かったようです。

私自身初めてのクルーズ旅行だった為、
クルーズ旅行が初めての方と同じ目線でご紹介できればと思います(^^)

attachment01

クルーズに乗る前に不安だった事は…
船の揺れの大きさがどれくらいのものか、実際船酔いしないかどうかでした。
揺れの大きさは、天候やエリアにより大きく左右されます。今回は天候にも恵まれ、
船酔いする程揺れを感じることはありませんでした。

他の客船もそうですが、飛鳥兇砲皀侫ンスタビライザーという横揺れ防止の為に
翼のような装置が客船外側に備え付けられています

船酔いが心配の方は、レセプションに常備されている酔い止め薬があるのでその薬を使用したり、薬の効きが悪い方はテンダーデッキに診療室があるので酔い止めの注射(有料)を打つこともできるので安心です(^O^)!

酔い止め薬を飲んでいざ出港です!
デッキにはたくさんの人が集まっています。
出港セレモニーセイルアウェイ・パーティーです。
ミュージシャンが奏でる音楽を聞きながら、
ワイングラス片手に紙テープをお見送りの人々に投げます。

70D82416-6AB0-4397-BFCE-A9CA0157EDFCD5F2780E-C5FF-4EDE-A340-58AFFCBA5291

色とりどりの紙テープが凄く綺麗です。
(下の写真は出航後の神戸港です。)

IMG_1559


船内散策の為、湾内遠望を早めに切り上げ、様々な施設を見て周りました。

24時間利用可能なライブラリールームもあります。
おしゃれなインテリアと落ち着いた雰囲気がプライベート感を演出します。

attachment00

写真の椅子は座り心地が良くて、ついつい時間を忘れてしまいそうになりました。

日本船ならではのグランドスパ(大浴場)です。

attachment02

写真は、女性用のグランドスパを撮影しました。男性用もほぼ同じだと思います。
開いている時間は無料で入れるので、何度でも旅の疲れを癒してくれます。

続いて、ビスタラウンジです。

attachment03

ビスタラウンジは船の先端に位置し、昼は海を眺めながらティータイム、
夜はムードのある雰囲気の中でお酒を飲みながら時間を過ごせます。
あまり人が多くないので、静かな場所でもあります。

attachment011IMG_1570

夜はお酒がすすみますね。

そして、ダンスフロアでもあるクラブ2100です。

attachment022

夕食後訪れたクラブ2100では、
ホールに流れる音楽に合わせて優雅に踊る方々に圧倒されました(*_*)
私も初めて社交ダンスを体験しましたが、何とか上手く踊れたと信じています(笑)
ダンスホストの優雅なリードで簡単なステップが楽しめました。

この他にもシアター、ショーラウンジ、カジノコーナー、エステ、お土産ショップ、フォトショップなど飛鳥兇料テ發砲呂燭さんの施設がありますが、今回はその一部をご紹介させて頂きました。シアターは映画館そのものですよ。


これより先は、客室のご紹介です。
予約時どの客室にしようか迷われる方も多いのではないでしょうか。
まずは、ステートKからです。

attachment033attachment0000

窓が付いているので陽の光が入ります。眺望はあまり良いとは言えません。
因みに写真に写っている小型船はテンダーボートと言い、
飛鳥兇着岸できない港で、観光上陸する為の小型ボートです。

attachment0333

私達が泊まったバルコニーのお部屋です。

カーテンを開けると海が広がっており、
バルコニーに出るとゆっくりとした時間を過ごすことができます。
陸上の旅館やホテルのオーシャンビューとは違い、
こんな身近に海を感じることができて贅沢な気分になりました。
初めてクルーズに乗船される方には、バルコニー付き客室がおすすめです。

バルコニーに出た時に要注意!飛鳥兇妨造辰浸ではありませんが。
デッキのイスに座る前に、ちょっとだけイスを確認してみましょう。
海を航海している事もあり、イスが塩だらけになっていることもありますよ笑

他にもスイート、アスカスイート、ロイヤルスイートのお部屋も見学しました。
スイート以上のお部屋にはウェルカムスパークリングワインが準備されていたり、
アメニティが他の客室と比べグレードアップしたりととっても豪華です。
アメニティは使うと毎日補充してくれるそうです。

attachment0111attachment0222


飛鳥の客室は全て「海側バスタブ付き」、長期クルーズでも快適に過ごせます。

IMG_1577
…あっと言う間に名古屋港へ到着致しました。まるで夢のような2日間でした。
長期間休みが取れない方や初めてのクルーズ乗船をお考えの方は、
ショートクルーズから始めるのもおすすめします。
是非この感動を味わってみて下さい!


少しでもご興味持たれた方は、是非弊社営業所へお越し下さい(^^)
お問い合わせお待ちしております。

次回は船内の食事について詳しくお届け致します!お楽しみに(^O^)/


茨木営業所
泉田真美子













⇒ライン読者登録でブログの更新が確認できます!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字