微笑みの国「タイ」かにバスツアー

2017年01月25日

雲上の一軒宿へ・・・

いつもアクセスありがとうございます。
私は、三洋旅行藤井寺営業所の横部幸二と申します。
昨年の夏の話になりますが、家族で旅行に行ったことを書こうと思います。

今回は2泊3日の旅でしたが、
1泊目は、長野県の標高2,034メートルの山に1軒だけあるホテルに宿泊しました。
みなさん、どんなホテルかご存知ですか?

美ヶ原高原王ヶ頭の山頂に建っている『王ヶ頭ホテル』です。
ん?どこ?きいたことないなーという方もいらっしゃると思いますので、
エースJTBの「飛騨・東海・信州」の赤いパンフレットをご覧ください。
掲載されているスペースは大きくないのに、評価がかなり高得点だと思いませんか?
ここは、雲海を見下ろす高さにある山頂のホテルです。

雲海がみたい!
ホテルの評価が高い!
そんな気持ちだけで、思いきって大阪から片道5時間かけて行って参りました。
王が頭ホテルIMG_2208


ひと言で感想を述べると、『また行きたい』
何がそんなに良かったのか。

1、スタッフみんなで“おもてなし”しようという気持ちに溢れている。
ホテル内の公共スペースにいるときには、スタッフの方が時折、気さくに話かけてくれて、
山や花、動物の話、熟知しているからこそ、端的に的確に話してくれてとても興味深いです。

2、飽きさせないプログラム
なんと言っても、ここは山頂です!
ホテル以外には何にもありません!街灯すらありません。
夜は怖いくらいに真っ暗です。
でも、休む暇がないほど、ホテルでのプログラムがびっしり!
私達の過ごし方は以下の通りです。

ホテルの送迎で旅館に到着したら、まず館内説明をお部屋で受けて、お風呂に入りました。

その後、ウェルカムドリンクを頂き夕食を取った後、現地で見る事の出来る高山植物や
動物のスライドショーを20時から見ました。本当は星空天体観測ツアーに、
20時45分頃から行く予定でしたが、あいにくの天気で行けませんでした。
スライドショーも星空天体観測も無料で参加することができるのです!

その代わりに、ブロッケン現象という自然現象がどのようにして起こるのかを玄関前で
希望者みんなに体験させてくれました。体験の後、ロビーでは、お茶と自家製こんにゃくの
煮物と、沢庵を大皿に入れて、振る舞ってくれました。また、このこんにゃくのおいしいこと!
4時間くらいじっくり煮ているそうで、あっさりしていましたが味が染み込んでいて、
私にとって、今までの人生の中で一番美味しいこんにゃくでした。

そして、翌朝は朝4時半頃に起きて、5時過ぎに出る朝日を見ました。
日の出も綺麗に見えました!IMG_2160

朝食前には、朝の雲海を見に、バスで美ヶ原高原にある「王が鼻」に行きました。
この日はあいにくの天気で、霧が立ちこめ、何も見えませんでしたが、
奇跡的に前夜に学習したブロッケン現象を見る事が出来ました!
チェクアウト後もテラスでのんびりIMG_2214

このように、到着してから、帰るまでお部屋でゆっくりするどころか、
とても山の上とは思えないくらいに充実した時間を過ごすことが出来ました!
ゆっくりしたい方は、ツアー等に参加しないということも、もちろんOKです。

3、お部屋
今回泊まったのは2階の一般客室タイプでしたが、2009年改装されている為、
多くのお部屋は和洋室で、ホームページの写真にほぼ相違なく、清潔感がありました。
大人4人、添寝幼児2名で1室を利用しましたが、狭さは感じませんでした。
お部屋からは雄大な山並みが見えます。また、大人一人ずつにペットボトルのお水が
冷蔵庫に準備されてありました。これは意外と助かりますよね。

4、お食事
山の上のお食事と聞くと、少し質素なのかなと思いませんか?
食材調達も大変だと思いますし、ましてや王ヶ頭ホテルは、自然保護区域にあるため、
一般車は、ある地点を境に入れません。
そんな不便な所にありながら、お食事のレベルが高い!メニューはホームページに書かれてありますが、本当にお腹がいっぱいになるくらいの量が出てきますし、手の込んだ料理が多く、とても美味しいです。
また、子供にはおもちゃを貸してくれたり、ぬり絵等もあり、早く食べ終わる子供にも飽きさせない工夫がされているので、子供にも急かされることなく、ゆっくりいただけます。

夕食夕食DSC_0197
-
夕食
-
ご夕食は信州の旬が味わえます 夕食IMG_2144

5、お風呂
半露天風呂があるのですが、朝、雲海が出始める頃に入ると、雄大な高原に
少しずつ霧が立ちこめ、雲海が出来上がっていく幻想的な風景が見られます。
高原の緑を見ながらなので、とてもリラックス出来ます。

先にも書きましたが、ここに行くためには、大阪市内からでも新幹線や在来線特急、さらに松本駅からの送迎バスで片道5時間くらいかかります。それを考えたら少しゾッとしますが、それでも着いてしまえば遥々きた甲斐があるときっと思えるホテルだと思います。
ぜひ、オススメします。

私達は夏に行きましたが、ホテルのスタッフの方も、「夏に来ても、冬の王ヶ頭にも来てください」と言っていましたが、それくらい景色も植物もお食事も館内イベントも、本当にいろいろな顔を見せてくれる場所だと思います。

小さいお子さんから、お年を召した方までどの層の方でも楽しめると思います。

ぜひ、一度ホームページをご覧ください。行きたくなること間違いなし!!

夏のご旅行の予約も受付しておりますので、ぜひご覧になられた方は、
お近くの弊社営業所までお問合せ下さい。

ありがとうございました!


美しい雲海に感動!!


藤井寺営業所
横部 幸二







⇒ライン読者登録でブログの更新が確認できます!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 15:25│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 倭 裕彦   2017年04月08日 21:09
やっぱりいいですね。真冬の王ケ頭ホテルも最高ですよ‼

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
微笑みの国「タイ」かにバスツアー