にっぽん丸 サンタクルーズ神戸港発着2日間雲上の一軒宿へ・・・

2017年01月11日

微笑みの国「タイ」

新年あけましておめでとうございます!
大久保営業所の北山です。
今年も弊社並びにSASBLOGをよろしくお願い致します。
また、今年最初のブログにアクセスして下さり、ありがとうございます!

昨年の話になりますが、バンコクの研修旅行に参加して参りましたので、
微笑みの国タイの魅力を少しだけご紹介致します^^

今回は、タイ国際航空のエアバスA380機でバンコクに向け、出発!!
1
このA380総2階建てで座席数は500以上!世界最大の旅客機なんです!
大きさ、写真で伝わっていますか?(*^^*)

現在A380の機材で関空に乗り入れているのは、臨時便を除けばこのタイ国際航空だけ!
タイ国際航空は、関空⇔バンコクの定期便を1日2便運行しており、
今年1月16日からは、下記のフライトにA380の機材を使用する予定です。

 往路:TG673便 関空17:25発/バンコク22:00着
 復路:TG672便 バンコク08:15着/関空15:45着


興味のある方は是非!世界最大の旅客機A380を体感してみて下さいね〜(*´∀`*)
※使用機材は変更になる場合があります。


はじめに、バンコク市内観光について。

王宮や寺院等ほとんどの有名観光地は、
バンコクのシンボルであるチャオプラヤ川(通称:メナム)の沿岸部にある為、
船での移動が便利です☆
2

まずは、涅槃仏(ねはんぶつ)で有名なワット・ポー(通称:涅槃寺)
34









こちらの涅槃仏は、お釈迦様が入滅前に弟子たちに最後の説法をしている様子を
表現しているそうで、高さ約15m、長さは約46mあります。大きい!!




続いて、ワット・アルン(通称:暁の寺)
56











こちらは三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台となったことでも有名なお寺です。

改装工事中の為足場が掛かっているのは残念でしたが、
白地に赤、黄、緑の装飾が映えてとても華やかで美しいお寺でした。

極彩色の装飾部分は全て陶器で出来ており、
至近距離で見てみるとその細やかさに圧倒されます(;゚Д゚)


王宮とエメラルド寺院については、
プミポン前国王の崩御後まもなくの頃だったので見学が出来ませんでした。
現在は見学可能となっているようですが、
今年1月20日までは一般国民の参拝期間が設けられており、
かなりの混雑が予想されるほか、
参拝時の服装規制やセキュリティチェックがより一層厳しくなる恐れがあるので注意が必要です。




続いては、アユタヤのご紹介^^

7






写真は、
ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
アユタヤ王朝初代ウートン王が
1357年に建立したお寺で、
高さ72m巨大な仏塔はアユタヤを象徴する建造物のひとつです。
階段がとても急で手すりもないので、上り下りの際はお気をつけ下さい
(○´_`○)








そして、アユタヤと言えばこちら。
8
ワット・プラ・マハタートの敷地内にある、仏頭が埋め込まれた菩提樹です。
プラ・マハタートは、元々14世紀後半に建立された大仏塔や礼拝堂を持つ豪壮な寺院でしたが
度重なるビルマ(現ミャンマー)との戦争の中で壊滅的なダメージを受け、
現在は廃墟と化しています。

一説には、ビルマ軍が戦利品として持ち帰ろうと切り落とした仏像の頭が放置され、
長い歳月をかけ菩提樹の幹に取り込まれて現在のような状態になったと言われています。

なお、写真撮影をする際は仏頭より高い位置に頭がこない様、
しゃがんで写真を撮ることがマナーとなっています。


14世紀中頃から18世紀に至るまで400年以上続いたアユタヤ王朝時代の遺跡群は、
世界遺産にも登録されていて一見の価値アリ!
バンコクからは片道約1時間半程で行くことが出来ますので、
是非アユタヤにも足を伸ばしてみて下さい♪



最後に、今回の旅で美味しかったものランキング
独断と偏見で発表します(*^−^*)

まず第3位!
9
世界3大スープのひとつ!トムヤムクン!
日本人にとってのお味噌汁のようなものでしょうか?(笑)
酸味のあるスープは好き嫌いの分かれるところだとは思いますが、
独特の香りと味がなんとも言えずクセになります(*´∀`*)

続いて、第2位!!
10
プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)!!
バンコクのシーフードレストラン、「ソンブーン」の大人気メニューです♪
見た目はもの凄く辛そうですが食べてみると辛味はそれほど強くなく、
むしろ卵とココナッツミルクの甘みが効いていて、日本人好みのマイルドな味わいです(^^)

そして、栄えある第1位は!!!
11

























SINGHA BEER(シンハービール)!!!
タイと言えばシンハー、シンハーと言えばタイです。(笑)
微かに香辛料のような風味がして苦味もやや強めですが、クセはほとんどなくて
日本人の舌に合う飲みやすいビール♪
スパイシーなタイ料理との相性がバツグンで、ぐびぐびいけちゃいます(笑)
タイに行かれた際は是非お試しを(*´ω`*)


長くなってしまいましたが、微笑みの国タイの魅力が
少しでも伝われば幸いです(^^)
最後までご精読頂き、ありがとうございます。
皆様のご来店、心よりお待ちしております!!


大久保営業所
北山 紗那子







⇒ライン読者登録でブログの更新が確認できます!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 21:24│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 倭 裕彦   2017年04月08日 21:24
タイは何回も行きたくなる国ですね(一回だけしか行ってませんが 笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
にっぽん丸 サンタクルーズ神戸港発着2日間雲上の一軒宿へ・・・