Celebration GO!幻の白い砂浜

2016年08月10日

前回の五輪開催地と言えば?

いつも SAS BLOG をご覧いただき、誠にありがとうございます。
そごう西神営業所、本年度新入社員の佐藤彩佳と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。


今回ご紹介するのは…… イギリス!
ロンドンとその近郊です。
いつか行きたい!と思っていた憧れの街へ行ってきました。
しかし、私が行ったのは3月末でしたので、現在では多少異なる点があるかもしれません。ご容赦ください。


◎大阪からのアクセス
今回、KLMオランダ航空を利用し、関西国際空港からアムステルダム・スキポール空港で乗り換え、ロンドン・ヒースロー空港への道程でした。乗り換え時間を含めた所要時間は、
約15時間でした。成田空港からは直行便があり、こちらは約12時間とのことです。
ちなみに、アムステルダム・スキポール空港内に美術館があることはご存知ですか?
残念ながら、現在は改修工事中で今年の秋から再開予定です。楽しみのひとつとして、
乗り換えの待ち時間をゆったり過ごされてはいかがでしょうか。


◎ヒースロー空港からロンドン市内へ
続いて、ヒースロー空港からロンドン市内への公共交通機関のアクセスをご紹介します。
ヒースロー・エクスプレス …… パディントン駅まで約15分、片道21.50ポンド
ヒースロー・コネクト …… パディントン駅まで約30分、片道10.10ポンド
地下鉄 …… 市内中心部まで45〜60分、片道 約3ポンド
※ヒースロー空港 第2・3ターミナルから


私は .辧璽好蹇次Ε┘スプレスでパディントン駅へ向かいました。第4ターミナルからは、
一度乗り換える必要があるため30分ほどかかりましたが、乗り心地は快適でした。

当初、地下鉄で行くつもりだったのですが、なんと到着日は地下鉄のスト当日で終日運休
だったため予定変更に 空港の両替所のお姉さんに聞いたところ、例年、ストは年に二回、クリスマス前とイースター前に行われるそうです。
ストの発表は事前にあるので、その時期に行かれる際にはご確認を!


◎市内の交通手段について
そして、ロンドン市内の移動にとっても便利な「オイスターカード」というICカードがあります。
75442-640x360-640-voc
こちらを使うと、通常の切符の料金よりもずっとおトクに乗ることができます。
地下鉄、バス(もちろんダブルデッカー!)で使用でき、各地下鉄の券売機や観光局のインフォメーションセンターなどで簡単に購入できます。
カードの新規発行にはデポジットとして5ポンドが必要ですが、カードが不要になれば残額とともに返金されます。返金も地下鉄の券売機で可能です。残額が10ポンドを超える場合はカスタマーセンターに郵送しなければならず、手続きが面倒になるためご注意を。
さらに、オイスターカードには一日あたりの使用額の上限があり、それ以降の乗車は無料になります。Zone1-2であれば一日の上限は6.50ポンド、地下鉄に3回乗ったら元が取れます。
非常におトクに、簡単に使用できるのでオススメです!



では、お待たせしました、ロンドン市内観光へ!

やはり、旅の始まりはここ、「ビッグ・ベン」!

「ウェストミンスター宮殿(国会議事堂)」の時計台として知られています。ウェストミンスター宮殿の内部はツアー形式の入場見学ができます。
行われる日時は変更されることがあるので、ウェブサイトで確認されることをおすすめします。

少し歩くと「ウェストミンスター寺院」があります。





世界遺産にも登録されているイングランド国教会の教会で、「王室の教会」と呼ばれ、戴冠式やロイヤル・ウェディングなどの特別な祭事や式典が行われます。基本的に月〜土曜は一般公開されていますが、もちろん教会であるため宗教行事の際には入場はできません。行かれる際には、こちらも一度ご確認を。






そして「バッキンガム宮殿」!


国王が宮殿内にいる時は王室旗、不在時は国旗が掲げられます。衛兵交代式で有名で、
4〜7月は毎日、それ以外は一日おきに行われます。
非常に混雑するので、早め早めに行って良い場所をとる方がよいです。

残念ながら私は見ることができませんでしたが、
代わりに騎兵隊の行進を見ることができました! カッコイイ!!



続いて、こちらは「シャーロック・ホームズ博物館」。



あの名探偵の下宿を忠実に再現した博物館です。チケットは1階、グッズ売り場のレジで購入し、建物の外で列に並んで入場します。私は30分ほど列に並びました。
内装はもちろん、展示の品々や、スタッフの方の衣装もとっても素敵です!
階段の段数はもちろん13段!(知らない方は調べてみてください^^)

ちなみに、向かって右隣にはハドソン夫人のお店(ホームグッズなどを扱う)、
左隣にはビートルズのグッズ・ストアがあります。

最寄のベイカーストリート駅の構内にはこんな素敵なイラストが!ぜひ近寄って見てください!

そして、シティ周辺のエリア。
こちらは「タワー・ブリッジ」。跳上式の橋ですが、今では上がることはほとんどありません。そのスケジュールもウェブから見ることができます。



他にも「セント・ポール大聖堂」や世界遺産の「ロンドン塔」などの歴史的な建築物がありますが、一方で再開発が進むエリアでもあります。





例えばこちら、奥にある高層ビルの「ザ・シャード」、手前に卵型のロンドン市庁舎。



















対岸には「ガーキン」など、伝統と近代が混じった不思議な雰囲気が味わえます。






















「イギリス料理は美味しくない…」なんて話を聞いたことのある方は少なくないと思います。
しかし!決してそんなことはありません!!

そこでオススメが「バラ・マーケット」という食品を扱う市場です。
月〜土曜日の10時から18時頃まで開いています。ありとあらゆる食材が売られ、
何件もの屋台もあるので、食べ歩きにピッタリです!
私は、ギリシャ料理のサラダ、スコットランド風のハンバーガー、エールビール、
食後に絞りたてのジュースを飲んでお腹いっぱいになりました。
どれもとっても美味しかったので、その翌日もここでお昼を食べたほどです^^


イギリス、ロンドンと言えば博物館・美術館巡りですよね! ロンドンの主な博物館・美術館は、誰もが無料で入館できます。キャンバスやイーゼルなどの画材を持ち込んで、絵画の模写をしている人もいました。雨が降ったら美術館や博物館でのんびりと、というのもいいですね。

さらに毎週金曜日には各美術館・博物館の開館時間が21時まで延長されます。
昼間は混雑するところも、夜ならゆったりと静かに鑑賞できるのでオススメです。


「雨」といえば、ロンドンは霧の街、もちろん頻繁に雨が降ります
折りたたみ傘は必須です!!
街中なら店の軒先で雨宿り、ということもできますが、次に紹介するところではそれができませんので、念のため雨具を持っていくのがよいと思います。

という事で、ロンドン編はここまで!
次回、ロンドンの郊外編をアップしますので、お楽しみに

ご覧頂き、ありがとうございました。


そごう西神営業所
佐藤彩佳












⇒ライン読者登録でブログの更新が確認できます!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:02│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Celebration GO!幻の白い砂浜