『ふらっと東京観光&ディズニーランド』信州白馬 トロイメライ1泊2日 

2009年02月15日

初めての沖縄☆満喫紀行

 旅行期間: 1月27日(火)〜29(木) 2泊3日
 
 初めて沖縄へ。地元兵庫はまだまだ寒いですが、那覇空港へ到着後はコートは不要なほど暖かいです。

今回の旅の目的は初めての沖縄ということで、「北から南まで一つでも多くの観光地を回る。そして沖縄そばやゴーヤーチャンプルーなど郷土料理を食す。」この2点に絞りました。
 
結果、朝ホテル9時頃発、ホテルへ帰ってくるのは22時頃という、ハードな旅行となりましたが、非常に満喫でき、次回は夏に沖縄へ行きたいと思っています。これから沖縄へ行かれる方、少しでも参考になればと思います^^
海ロード今帰仁 桜

つづく


≪1日目≫
 神戸7:30発⇒沖縄9:45頃着
 那覇空港到着後、総合旅行受付カウンターにてゆいレール乗り放題のカードを頂く。※このカード、施設の割引カードにもなっていて、意外と使えます!
空港駅から約13分ほどでおもろまち駅に到着。
改札を出るとすぐDFS免税店が見え、入口には各レンタカー会社の受付があり、早速受付へ。手続きは約10分ほどで済みました。
レンタカー配車場所へ行くには、免税店の中を通って行く仕組みになっていて、目がきょろきょろとしてしまいました。

 まずはDFS免税店のフードコロシアムという食堂へ。沖縄そばを早速賞味。味はまあまあです。後で考えると値段が800円と高いので、やはり街中で食べた方がよさそうです。
沖縄そば


お腹もいっぱいになり、レンタカーに乗り、いざ出発!那覇市内は道が多少込んでいましたが、しばらくすると、まるで高速を走っているかのような道幅になり太陽も降り注ぎ、「沖縄!」っと思わず声が出そうになりました。
 
 走っている車を見ると私たちと同じ「わ」ナンバーの車以外にめずらしい「A」ナンバーの車を発見!しかも頻繁に見かけます。そのうちに嘉手納基地が見えてきました。そして上空から騒音がするので、ふと見上げると米軍機が。沖縄と米軍のいろんな意味での距離の近さに驚きました。

 沖縄の至るところにあるblue seal アイスクリーム屋さんで途中立ち寄り、紅イモソフトクリームをいただきました。ほんとうに上手い^^ 左手には沖縄の海を眺めながら、引き続きドライブ。

 目的地は今回2泊お世話になる読谷村にある「ホテル日航アリビラ」さん。ホテル近くになると、ざわわざわわと聞こえてきました。道路の両脇には一面のさとうきび畑!そのさとうきび畑を抜け点滅信号を左手に行くと、ビーチ沿いに異国情緒あふれる、アリビラが。スペイン風のホテルで、室内も細かなところにスペイン風タイルが装飾されていました。

アリビラ エントランス
ホテル日航アリビラ
アリビラ プール
アリビラ プールサイド
アリビラ プール夜
アリビラ 夜


 全室バルコニー付きのホテルで、今回はプレシエンテツインルームに宿泊窓の外には沖縄の海が目の前に広がっていて、素敵な眺めでした。
プラシエンテ
プラシエンテツイン
プレミア
プレミアツイン


OFツイン
オーシャンフロントツイン
アリビラ テラス
オーシャンフロントテラス


 お部屋で少し寛いだ後、早速観光へ。

 午後2時半頃ホテルを出発。国道58号線を北へ進み、本部にある「今帰仁城跡」へ。
 梅か桃を思わせるほど濃いピンク色の桜が五分咲きで至るところにあり、ちょうど桜祭りの時期だったようです。沖縄では北から南へと寒い地域から桜が咲くそうです。
今帰仁 桜

 桜を眺めながら古き時代を感じさせる今帰仁城跡を見学した後は、「美ら海水族館」へ。

 16時30分以降に入館したため、入場料は三割引きになりました^^ちなみにここには駐車場が多数あり、入口に近い駐車場は立体駐車場のようです。
美ら海 入口美ら海美ら海1


 見学の後は夕食「元祖海ぶどう丼」を食すため、ホテルリザンシーパーク谷茶ベイの向いにある元祖海ぶどう谷茶店へ。どんぶりにはほかほかの白いご飯の上にたっぷりの山かけ、ウニ・いくら。そして・・まわりにはふんだんの海ぶどうが。プチプチとした食感、なんともいえない海を感じさせる味。癖になりそうです^^ゴーヤチャンプルーも頂きましたが、ほろ苦いゴーヤがおいしいです。
海ぶどう丼


 お腹いっぱいになった後は、ホテルに戻り(22時過ぎになりました)、ゆっくり休めました^^


≪2日目≫

 本日も快晴です。朝ホテルを出発後アリビラから車で15分ほどのところにある「座喜味城跡」へ。
座喜味城1座喜味城2

 丘にあり、城壁のグレー、雑草の緑、合間に見える茶色の土、そして雲ひとつない青空。遠くには沖縄の海。まるで異国にいるかのような気分になりました

 次にうるま市にある、「ビオスの丘」へ。ここでは水牛車が見られると思い、ただそのために行ったのですが、ここでは多種のランをみることができます。また遊覧船に約20分ほどのりながら船頭さんから愉快なお話も聞け、思いのほか楽しめました。遊覧船にはぜひ乗船してみて下さい。
ビオスの丘1ビオスの丘 船ビオスの丘 蘭


 昼食は恩納村にある「ルネッサンスリゾートオキナワ」にてビュッフェを頂きました。セルフで作る麺コーナーがあり、沖縄そばをはじめ
いろんな種類の麺を食べることができます。個人的には目の前で焼いてくれるクレープに好みのアイスをのせてくれるコーナーが気に入りました。

 食事の後、外へ出るとすぐにルネッサンスで飼育されているイルカを見ることができます。間近で見れるのに驚きました。
ルネッサンスインコ


恩納村といえば「万座毛」です。万座毛が見ることができる場所からちょうど北にはただ今改装中の全日空ホテル見えます。オープンが楽しみです。
万座毛


 まだ時計の針は14時。さらに北をめざし、築100年といわれる古家「大家(うふやー)」へ。平屋の中ではお食事やカフェを楽しむことができます。
大家1大家2

  ゆっくりパイナップル入りカステラを頂いた後はOKINAWAフルーツランドへ。パイナップルジュースを頂きました。味は普通でした。

 さらに北へ。「古宇利島」を目指します。
古宇利大橋から見える景色はとてもきれいで、約五分ほどで橋を渡ると島に到着。
約10分ほどで島を一周でき、半周ほど走ると、「下原商店・タコライス」の看板が見えてきました。ここで休憩をすることに。
夕方からいい具合に酔ったおじいがもっと眺めのいいところへ連れて行ってくれるということで、そこから約五分ほど整備されていない道路をのぼっていくと、きれいな展望公園があり、そこからの眺めは最高でした。
その後、タコライスを頂きましたが、思いのほか絶品 たんかんというミカンに似たフルーツも頂き、甘すぎず、すっぱすぎず食べやすく、おいしいです。
古宇利島タコライス


 その下原商店での思いがけない沖縄在住の方との出会い。さらに読谷村で食事をするのにお勧めのお店を聞き、早速勧めて頂いた「つちなる」をめざしました。アリビラから約15分ぐらいのところにある民家の中に自宅を一部改築してレストランにされているので、探すのに一苦労しましたが、電柱に「つちなる」のかわいい案内がはってあるので、なんとか見つけることができました。

 到着したのが20時すぎだったためか、お客様は私たちの他にはいませんでしたが、とてもフレンドリーなシェフがパスタコースを早速調理してくれ、スープ・前菜・パン・パスタ・デザートとどれも美味しく頂きました。自家製の野菜を使われているそうです。蛇足ですが、神戸で頂くと3000円は下らないと思われる内容でしたが、なんと1500円でした。
夕食1夕食2夕食3夕食4


≪最終日≫
 いよいよ沖縄旅行も最終日となりました。

 今日は「ひめゆりの塔」「首里城」このふたつを観光後はレンタカーを返車し、帰路へ。

 アリビラを10時頃出発し、ひめゆりの塔へは12時30分頃到着。今までは沖縄の華やかな部分しか見てませんでしたが、資料館を見学した後は、もう一度戦争について考える機会を与えてくれました。
 「首里城」は一部改修中ですが、入場して中を見ることができ、先ほどの戦争時代よりさらに時代をさかのぼり、琉球王国時代を感じ取ることができます。
首里城守礼門ひめゆり


 空港へは出発予定時間の約2時間前に到着し、お土産を購入。有名なちんすこうや紅いもタルト、泡盛など多種多様なお土産が揃っているので、旅の途中でしか買えない特別なもの以外は空港で最後に購入しても十分間に合うかと思います。

 沖縄の海の透明さに本当に感動しました。次回はさらに足をのばして、石垣島へ行ってみようと思います。

海2やぎ


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 17:23│Comments(0)TrackBack(0)国内 | 沖縄

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『ふらっと東京観光&ディズニーランド』信州白馬 トロイメライ1泊2日