石見銀山南島クライストチャーチ満喫7日間の旅

2007年12月10日

九州 鉄道の旅

11月の連休に、九州へ列車の旅をしてきました。

*初日*
西明石→≪こだま≫→姫路→≪ひかりレールスター≫→小倉→≪白いソニック≫→大分
と移動しました。

白いソニックは意気込んでグリーン車の一番前に座ったのですが、思ったよりはあまり展望席とはいえなかったです。でも、それなりに景色を楽しみました。ちなみに九州内特急グリーン車にはドリンクがついています。
大分からはレンタカーで高千穂峡へ。
高千穂峡1




高千穂峡に行くとさすが連休とあって、かなりにぎわっていました。ボートはいっぱいで残念ながら船に乗れず、近くでマス釣りを楽しみました。
これが意外と楽しくて、ついついはまってしまいました。釣ったマスは有料ですがその場ですぐに塩焼きなど調理してくれ、とてもおいしくいただきました。高千穂峡はすごくきれいですが、マス釣りもますます楽しめマス(^.^♪)
高千穂峡2


夕方から今夜の宿泊場所である人吉温泉に向かって車を走らせたのですが、カーナビが示した道は何と山道!くねくねと曲がりながらやっとのことで夜8時くらいに温泉にたどりつきました。
宿泊したのは「あゆの里」。名前の通りあゆ料理がメインで、あゆの塩焼きやあゆのあらいなど、あゆを堪能しました。あゆも臭みがなくておいしかったです。

*2日目*
翌日からはまた列車の旅です。
人吉→≪いさぶろう≫→吉松→≪はやとの風≫→鹿児島中央→≪枕崎線≫→指宿
と移動しました。

いさぶろう

人吉からは観光列車のいさぶろうに乗って、観光を満喫しました。えびの高原や桜島が見渡せる日本三大車窓は天気もよく、最高の景色でした。いさぶろうは各駅停車で吉松に行くまでに3駅あり、途中の大畑(おおば)駅では峠を越えるためスイッチバックするのですが、日本で唯一ループ線と併用されている駅です。念願の列車に乗り、ループスイッチバックを体験できて感動しました!

吉松からははやとの風に乗りました。はやとの風も観光列車で車内は木造のレトロな雰囲気です。コモンスペースとして車両の中央に展望席が設けられていて、窓もワイドビューなので、人目もはばからずずーっと桜島を眺めながら車窓からの風景を楽しみました。
途中の嘉例川(かれいがわ)駅は百年前開業当時の木造の駅舎がそのまま残されている駅で、約5分停車してくれます。

桜島

鹿児島到着後は鹿児島市内をシティービュー観光バスで観光して、再び列車に乗り本日の宿泊場所である指宿温泉に向かいました。「指宿いわさきホテル」に泊まりましたが、今回は指宿名物砂むし風呂は入りませんでした。

*3日目*
最終日もまた列車の旅。
指宿→≪なのはなデラックス≫→鹿児島中央→≪つばめ≫→新八代→≪リレーつばめ≫→博多→≪のぞみN700系≫→岡山→≪こだま≫→西明石
という移動でした。

昨日も通った指宿枕崎線ですが、今日は特別快速「なのはなDX」に乗車しました。外観は菜の花をイメージした黄色で、はやとの風同様車両中央に展望席が設けられています。

鹿児島中央からは九州新幹線「つばめ」と特急「リレーつばめ」に乗りました。快適でしたが、トンネルが多くて景色は楽しめなかったです。
博多からは今年7月デビューの「のぞみN700系」に乗りました。やっぱり早いと感じました。

今回はさすが連休とあって、相当の込み具合で新幹線の乗車率は200%くらいで積み残しもあるくらいの混雑でした。
早い飛行機を使った旅もいいですが、たまにはこうしてのんびりと車窓の風景を楽しみながらの鉄道の旅をしてみるのもいいものですよ(^_^)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 13:12│Comments(0)TrackBack(0)国内 | 九州

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
石見銀山南島クライストチャーチ満喫7日間の旅