道後温泉・松山旅行石見銀山

2007年12月04日

セブ(マクタン島)&香港・マカオ

11月11日よりセブに行きその帰りに香港マカオに寄りました。
長文になりますがよろしければお付き合いください。

福岡〜(台北)香港〜セブ
キャセイ利用で、香港にて乗り継ぎ便です。飛行機が苦手な私には乗り継ぎが休憩代わりになりました。香港での乗り継ぎは意外に簡単で飛行機が遅れたこともあり約50分の乗り継ぎでしたが時間に余裕はありました。

セブに。。と言っても厳密にはマクタン島での宿泊ですが、MaribagoBluewaterResortを選びました。セブと言えばプルクラやシャングリラやヒルトン!というイメージかもしれませんが、3泊しかしないのでプルクラは遠いこと、シャングリラやヒルトンのようなコンクリート造ではなく素朴な感じが良さそうだったのが決め手でした。
beach


実際ほんとうにのんび〜りとしたホテルでしたが外部からの進入を防ぐために入り口には銃を持った警備員が何人もいてセキュリティ面では問題なさそうです。
この時期のセブは雨季の終わりかけで、気温が上がらずプールに入るのが精一杯でした。ダイビングを終えた人たちはバスタオルを何重にも巻いてとても寒そうでした。このリゾートの客層ですが、欧米人と韓国人が大半で日本人にはほとんど会わなかったうえ、日本語は通じませんでした。

MaribagoBluewaterpool

部屋は木を生かした作りで(約35屐法部屋前のバルコニーは開放感があります。ホテル内のレストランは3軒ともカジュアルで、スパ代も安いですし、これといった観光もないのでゆっくりと過ごせました。
1日はセブシティへ行きました。マクタン島からは大橋を渡って渋滞なしで約20〜30分です。その道中、牛や鶏の放し飼いなど人々の生活を見ることができます。
途中ピンク色のヒルトンセブに食事のため立ち寄りましたがここは韓国人だらけでした。

セブでのあっという間の3泊を終え、香港マカオへ立ち寄りました。

セブ〜香港〜福岡は復路は同日乗継ぎが出来ないので香港に立ち寄りになります。
香港は約2年ぶりでした。来年の北京オリンピックを前に空港にはアピールするためのデコレーションが多々見受けられました。
hongkong


宿泊は日航香港へ。ここに泊まる理由は1つだけ、日本米が食べたいからです。
香港では定番の夜景観光へ。やはり香港にきたから・・・と言うことでピークトラムに乗って夜景を楽しみました。香港はこれだけにして次の日のマカオに備えて休みました。

翌朝マカオへ。
マカオへは九龍からと香港島から船がでています。本数は少ないですが近いので九龍側からのフェリーをあたってみましたがあいにく満席で香港島から乗船しました。約1時間でマカオに到着です。

この日はマカオグランプリ(F1)の初日でしたので入国審査に時間がかかりました。ターミナルを1歩でるとF1の爆音が響いていました。公道を利用したグランプリだと事前に聞いていたのですが、予想以上でした。FI用の車道と歩道はベニヤ板のような薄い板1枚でしか区別されていないのであんなスピードのものが突っ込んできたら・・・と途中で怖くなりました。

マカオではマンダリンオリエンタルに宿泊しました。
ホテル横には巨大な黄金のサンズカジノがあります。巨大さに圧巻されてボーッと歩いていると確実にマンダリンを通り過ごしてしまいます。

マンダリン 部屋

部屋指定なしで日中はグランプリが見えましたが夜はリオホテルのネオンが目の前になります

           
今回2年前に買ってあったマップを持っていったのですがそれから新しいホテルがいくつかできていて役に立ちませんでした。

マカオでは世界遺産のセナド広場や教会などの町並み、ホテルを数件みました。この旅行で一番天気がよく、日中は半そででちょうどでした。

セナド広場

建設中のホテル 異様に大きく眩しかったです


マカオはそれほど大きな町ではないですしタクシーも拾いやすいので1日しか時間がなくても見て回れるなと思いました。時間に余裕があったので橋を渡りヴェネチアンを見に行きました。
見渡す限り中国からのお客さんで埋め尽くされていたように思います。カジノをしている人もほとんど中国人だったのではないでしょうか。まだ夕方でしたが熱狂する人々で異様な雰囲気でした。巨大すぎてただひたすら歩きました。

写真は2007年8月オープンされたベネチアンマカオです。

Venetian1Venetian2


ホテルは建物の構造上の問題か、マナーの問題か、タバコの匂いが充満していました。苦手な人には辛いですね。全体的にみて好き嫌いが分かれそうなホテルだな〜と思いました。
帰りは市内に行くタクシー待ちの人が長蛇の列をつくり、乗り場で約1時間待ちました。

夜になってカジノのネオンに吸い込まれそうになりながら町を歩きました。
ウィンマカオも昼間に見た明るい感じとは一転、大人な雰囲気になります。
リスボアは夜になって本領発揮!と言った感じでしょうか、あのネオンには圧巻でした。
他にスターワールドやリオも見ましたがどのホテルのカジノもにぎわっていました。

リスボア なんとも派手です

ウィンマカオ 噴水がキレイでした


朝になって通勤通学をしているマカオの方を見るとなぜか心がホッとしました・・。
それほど夜の光景は非日常な雰囲気だったのかもしれません。
カジノのルールを覚えて次はチャレンジ!!してみたいものです。

長文にお付き合いいただき有難うございました。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
道後温泉・松山旅行石見銀山