プーケット・バンコク最新ホテルリポート〜エンバシースイーツワイキキ

2007年04月21日

クラブメッドのチェラティンビーチ

《クラブメッドのチェラティンビーチ》

マレーシアのクアラルンプールから飛行機で約30分、さらに車で1時間でジャングルと海に囲まれたクラブメッドのバカンス村、チェラティンビーチへ6年生の娘と行ってきました。

n-cherating1





1日目

夜中に到着なのですぐ寝ました。
到着して何がびっくりしたかというと日本人の子供の多さです。理由は簡単。春休みの子供代金が安い!!! 今回のあたし達の6日間の旅行で子供代金は¥52380(空港税、燃油サーチャージ含む)
旅行代金には滞在中の食事はもちろんアルコール、各種スポーツプログラム、(例えば空中ブランコやヨガレッスン、水中エアロビクスなど)またエンターテイメントショーやパーティーなど殆どの料金が含まれているのです。


2日目

朝食のレストランへ向かう途中サル発見。動物好きのあたしたちにはたまりません。
あたしたちを怖がるわけでもなく、なついているわけでもなく自由に過ごしているのです。
ちなみにあたしはサルだけでしたが、娘はリスも、バカンス村で仲良くなった人はコモドドラゴンも見かけたそうです。さすがジャングル!
朝食レストランはビュッフェで日本料理、マレーシア料理、イタリアン、韓国料理が楽しめました。

朝食を終えプールへ。 娘はひたすら泳いでましたがあたしは本を読んだり昼寝をしたりして過ごしていました。その時、『アクアジ〜ム!!』という声がしていろんな国の人がプールに集まってきました。水中エアロビクスの始まりです。以前バリ島のバカンス村へ行った時はまってしまい毎日参加していたので今回も楽しみにしていたプログラムの一つでした。 あれから15年バリ島の時のように楽勝と思っていたのですが・・・・・かなりきつかったです(^^; 年はとりたくないものですね。
昼食も朝食場所と同じところでしっかり食べ。。。。この時はビールも4〜5杯飲んでしまいました。

そう、これからクラブメッドをご検討の方は食べすぎ、飲みすぎにお気をつけ下さいね。
あたしは帰国後2キロ体重が増えてました(><)

昼食後、滞在中に絶対しようと思っていたエステへ。チェラティンビーチのバカンス村のエステはあの有名なマンダラスパ系のエステで賞を取るほど技術が優れているのです。しかも料金は日本円で約¥6200程。
日本の料金の半額くらいで1時間しっかりオイルマッサージを受けることが出来ます。

受付を済ませ担当のエステシャンとコテージへ。完全個室で5〜6種類のアロマオイルの中から自分の一番気に入ったオイルでマッサージをしてくれるのです。もっと感想を書きたいのですが・・・・あまりにも気持ちよすぎで開始から15分程でぐっすり眠ってしまいました。

そして夕食。21:30よりG.Oショーがあるので20時頃からレストランへ。G.O達と一緒に食事を楽しみました。

G.Oとはホテルのスタッフのことでバカンス村で食事をしていると席に来て「一緒に食べてもいい?」とよく聞かれます。英語はあまり得意なあたしではありませんがそれでも十分楽しめます。バカンス村の滞在をより楽しくするためにはG.Oと仲良くなることも大事です。

21:30よりショーが始まりました。この日のメインは空中ブランコショーでした。
ショーも楽しかったですが夜のジャングルの中を歩いてショーの会場まで行ったり星がたくさん出ている空を楽しめるのもやっぱりリゾートだからでしょうね。

G.Oショーの後はバーへ移動。生演奏で踊る人、友人やG.Oと会話を楽しんでる人みんな思い思いにリゾートを楽しんでいるようでした。 バカンス村の夜は長いのです。娘連れのあたしはバーで一休みした後部屋に戻りましたが・・・

n-cherating2







3日目

ビーチに行こうと娘を誘ったのですが娘は海が嫌い。仕方なくプールで過ごし性懲りもなくエアロビを楽しみ、夕方からはテニスをしました。もちろんラケットもボールも全部無料で貸してくれます。テニスを終えシャワーをしてから夕食→G.Oショーへ。
G.Oショーは毎晩趣向を凝らして行っています。

一通り遊びバーで休憩してからこの日は早めに休みました。
この頃からどうもあたしの体調がおかしかったのです。だんだん頭痛が激しくなり間接の節々が痛くなり吐き気もしていました。体温計は持っていませんでしたが明らかにかなり熱があるのが分りました。持って行っていた鎮痛剤を飲んでも一向によくならずかなり辛い夜でした。

 
4日目

薬を飲むためにはお腹に何か入れないとと思い朝食レストランへ。そのあと医務室に行きましたが熱を測ってみると下がっていたようで薬はもらえませんでした。水をたくさん飲むようにと注意はされましたが・・
旅行に行く時には常備薬と傷害保険は忘れずに!! 

本当は部屋で寝ていた方がよかったのでしょうがせっかくの旅行なのに部屋にいるのはあまりにも悲しいのでプールサイドの日陰でこれまた全身日焼けをしすぎてプールに入ることを医務室でとめられた人と一日中話をして過ごしました。
娘も日焼けしすぎてもうプールには入りたくないということだったので一緒に話をしていたのですが、こんな時バカンス村にはキッズクラブやジュニアクラブがあって朝から晩までG.Oが遊んでくれるので安心です。
他のホテルなら高いシッター代を払わないといけないのに、こんなシステムがあるのもクラブメッドの良さですね。

n-cherating3








この日はバカンス村最後の夜だったのでG.Oショーが始まる時間に合わせて鎮痛剤を飲み夕食をとりました。この日はモーリシャスから来たG.Oと食事をし、その時に『英語を話せるようになるともっともっと旅行が楽しくなるよ』と言われ娘に通訳しながらあたし自身ももっと勉強しないといけないなと痛感していました。

そしてG.Oショーへ。この日はG.O達のウェディングドレスのファッションショーでした。ドレスコードは『白』夕食会場や、バー、プールサイドも白一色に変わっていました。
しばらくして明らかにG.Oとは違うカップルが登場。なんと本当の結婚パーティーが始まったのです。ショーを見に来ていたG.M(お客)や、G.O達にきゃーきゃーひゅーひゅー言われながらもとても幸せそうな二人はステージを1周しみんなからの祝福を受けていました。


最終日

夕方バカンス村出発だったので本当はクアンタンという街までお買い物に行きたかったのですがやはり体調に自身がなかったので前日と同様プールサイドの日陰で話をしながら楽しみました。

あたしにとっての旅行とは体を休めるという意味があるので本来なら10日間ほど滞在し到着日から3日間ほどはダラダラ過ごしその後観光などを楽しめればいいのですが・・・長い休みはなかなかですね(^o^;

いよいよバカンス村を出発。G.Oたちがお見送りをしてくれます。わんわん泣いているフランス人の女の子もいました。毎回思うのですがバカンス村を出発する時は本当にせつない気持ちになってしまいます。

クアンタンの空港に到着。出発時間まで待っている間何か子供が集まって騒いでいました。
娘が見に行くとなんと大きなトカゲが! 空港にあんなのがいるなんて驚きでした。

n-cherating4









クアラルンプール空港で最後のお買い物。とても大きな空港で15年前に行った時よりもかなり綺麗になっていました。4時間30分という待ち時間もあっという間に過ぎ関空へ。

途中、ハプニングはありましたがそれも思い出。
でも。。。もう一回体調を整えリベンジしたいと思います。

帰国後すぐに病院へ。どうもインフルエンザだったかもしれないということでした(^^;
症状が治まってしまった後だったので本当のところは分らないんですが・・・・


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プーケット・バンコク最新ホテルリポート〜エンバシースイーツワイキキ