クアラルンプール・マラッカ・シンガポールプーケット・バンコク

2007年04月05日

バリ旅行

3月に行ったバリ旅行記です。

3月4日

関西国際空港に15時40分集合でした。搭乗便はJL715便で17時40分発デンパサール行(所要6時間45分)です。アジアなので近いイメージはありますがハワイが8時間ぐらいと考えると、フライト時間は意外と長いと感じました。機内には個人用画面ディスプレイもありましたので、映画を観たり音楽を聴いていたりすれば、長い時間も快適に過ごせると思います。今回は機内で「ナイトミュージアム」という映画を観ました。いつも機内の映画を観ますが、日本語の字幕で観れるものがもっと多いといいなぁと毎回思います。

t-bali7

現地時間23時45分にデンパサール空港に到着しました。ここでバリの査証代金10$が必要になるので、あらかじめ日本出国時に用意しておく方が賢明です。
外に出るとJTBの現地係員が出迎えてくれ、空港からホテルまではバスで送ってくれますので非常に楽でした。これは今までパッケージでの旅行に行ったことがなかったので感じることだと思います。知らない空港について、町までの交通手段を探すのは結構神経を使います。いろんな怪しい人が声を掛けてくるのを楽しむことも出来ますが…。


30分程でホテルパドマバリに着きました。ここのホテルはロビーが広く開放的で、雰囲気がとてもよかったです。チェックインの手続きは全てJTB係員がし、翌日のオプションの申し込みや質問も、堪能な日本語で対応して下さいました。部屋に入るとルックのグレードアップ特典である、バリ風コテージのプライベート感あふれる雰囲気のシャレーのお部屋で、大変くつろげました。

ホテルは寝るだけのところと割り切るか、せっかく行くのだから綺麗なところがいいと思うかはそれぞれ考えもあるかと思いますが、パドマバリは料金もそこまで高くなく、ホテルもすごくきれいなのでお勧めです。プールも広く、バーで飲物を頼んでプールの中でも飲めるようになっています。もう一つ、朝食が非常に美味しかったのも良かったです。
t-bali1
パドマバリ
t-bali2
ホテル内レストラン
t-bali6
ホテルのプール


3月5日

8時30分ごろホテルロビーに集合し、車でキンタマーニ高原・ウブド観光へ行きました。バリは日本からの到着時間が遅いので、翌日の朝から観光をするかどうかは考える必要があります。

ネカ美術館、モンキーフォレスト、キンタマーニ高原、インドネシア料理のビュッフェ形式の昼食、寺院の観光に行きました。途中、かご製品やバリコーヒーなどを取り揃えたお土産屋さんへの立ち寄りもありました。

t-bali3
ネカ美術館


その後、17時ごろにいったんホテルに戻り、ガイドの方に勧めてもらったスパに行きました。ジンバラン地区の、「ベルエアースパ」というところで、ヴィラタイプのお部屋でアロマテラピーマッサージやフラワーバス、フェイシャルトリートメントなどを3時間受けました。内容の割にはリーズナブルで、グループだけで受けられるのが非常にお勧めです。

マッサージをしてくれるのは20代ぐらいの若い方で、とても丁寧にしてくれます。アロマテラピーマッサージは行ったときに自分の好きな香りと効能を選ぶことが出来ました。フラワーバスはピンクや赤のバラの花びらがお風呂にちりばめられ贅沢気分を味わうことが出来ます。女性の方に特にお勧めです。

3月6日

早朝4時45分にホテルロビーに集合し、ボロブドゥール遺跡とプランバナン観光に行きました。
車で空港まで送迎してもらい、デンパサール空港からジョグジャカルタ空港へ移動し、ジョグジャカルタ空港でガイドと合流でした。飛行機の中がとても寒く、長袖の洋服をはおっていても寒いほどでした。温度にあわせて脱ぎ着できるように服の準備が必要です。
町を歩くときはそれほど暑くもなく快適でしたが、お土産屋さんなど建物に入ると冷房が強かったです。

t-bali4
ボロブドゥール遺跡

t-bali5
象にのったよ



車で1時間程かけてボロブドゥール遺跡まで行きましたが、その途中で銀細工の店に寄る時間もありました。銀細工の製品はバリよりも安いのでジャカルタで買った方が大変お得です。バリで買うと割高になるとガイドの方も店の方も言っていたのと、実際に見ても感じました。商品にもよりますが2割から3割ぐらい違ったのではないかと思います。

そのあと象に乗ることができたのも良い思い出になりました。二人まで乗ることの出来るイスをつけて、その上に座ってのお散歩という感じです。耳をパタパタしたり、鼻を伸ばして草をちぎったり、しぐさがとてもかわいいです。一緒に乗ってくれる現地の方は象の頭の上に直接座っていました。かなづちのようなもので象の頭を叩いて指示を出しているようでしたが、痛そうと思ってしまいます。

帰りの飛行機は、ニュースでも報道されたガルーダインドネシア航空機炎上で、2時間ほど遅れたため空港で待つ時間が長かったです。この時は空港の係員に聞くと天気が悪いと案内され、私たちがこの事故について知ったのは翌日でした。

3月7日

最終日なので集合時間に間に合うように観光を考えなければなりませんでした。
午前中はヌサドゥアビーチに遊びに行き、ジェットスキーなどのマリンスポーツで楽しんだ後、短時間ですがDFSに寄って買い物をし、ホテルへ帰りました。海は正直言ってあまり綺麗では無かったです。沖縄の海の方が綺麗だと思います。

夕方にはホテルの特典としてついていたクリームバス(頭のマッサージとトリートメントのようなもの)を1時間してもらいました。これは予約が必要ですが、スパの受入人数が少ないため初日に予約をした方が良いです。チェックアウトの時間までは、ちょっとリッチにバリ古典舞踊の鑑賞付ディナーに出かけ、バリの興味深い文化に触れることができました。その後22時にロビーに集合し、JL716便1時05分出発の飛行機で帰国となりました。

3月8日

8時30分関西国際空港に着きました。

今回初めてのバリでしたが、非常に楽しかったです。ただし、5日間はやはり短いです。私たちはボロブドゥールへの観光をオプションで入れましたが、行くのであればやはり6日間にして、ビーチで遊ぶ時間がもう少しあればいいなと思います。バリは、ホテルがリゾート風だったり、スパが安かったりとどちらかと言えば女性に向いているような気がします。男性は、マリンスポーツをされる方であれば楽しめるところだと思いました。是非また行きたいと思える場所でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
クアラルンプール・マラッカ・シンガポールプーケット・バンコク