2016年05月18日

朝から晩まで楽しめる街 函館

おはようございます。
大久保営業所の和田意知朗です。
今回は、4月に行ってきた函館をレポートします!

函館は、北海道のほぼ最南にある港町です。
北海道周遊旅行の中に組み込んでちょっとだけ立ち寄る方も多いと思います。
ですが、それは非常にもったいない!
朝から晩までずっと楽しめる、函館は見所満載の街なのです。

函館の朝は、なんといっても朝市!
函館駅前に約250ものお店が並び、
イカ、カニ、メロンなどの生鮮品から干物などの加工品まで北海道の食材が一同にそろいます。
image001
面白いのはイカ釣り体験。簡単に釣れるのですが、狙い場所が悪いとイカから反撃がっ!
水や墨をプシューと吹いてくるので要注意です。
image003
釣れたイカは、目の前で刺身にしてもらって食べることができます。
直前まで泳いでいた活イカは、身も透明でコリコリした食感がたまりません。
イカに対する価値観が大きく変わります!
image005
絶品です↑

そしてお昼、市内の見所は主に3箇所あります。1つ目は、元町地区
丘の上に、西洋館や教会が立ち並び、異国情緒を体感する事ができます。
有名な観光地である旧函館区公会堂は、国の重要文化財に指定されています。
女性のお客様は、レンタルドレスを着て記念撮影することもできますよ!

旧函館区公会堂             函館ハリストス正教会
image007image009

八幡坂の上から見る眺めは必見。もっとも函館らしい風景です。
image011

2つ目は、元町地区から程近い函館ベイエリア
海沿いの倉庫群を改造しておみやげ店やレストランが並ぶおしゃれなスポットです。
image013
ランチには、函館ラーメンをどうぞ。
北海道3大ラーメンの1つで、札幌の味噌、旭川の醤油、そして函館は塩です。
函館に来たからには、是非塩ラーメンをご賞味ください。食べ比べしても良いかも
image015
3つ目が、戊辰戦争の舞台となった五稜郭。全国でも珍しい西洋式の星型の城郭です。
下から見ると形がわかりませんが、横にある五稜郭タワーから眺めるときれいな星型が一目瞭然。五稜郭の中には函館奉行所が再現され、幕末の雰囲気を味わうことができます。
image017
五稜郭タワーに登って、五稜郭を見た景色です。

最後は、夜のお楽しみ!函館観光のメインは、やはり夜景です。
函館山から見る夜景は、神戸・長崎と並ぶ日本三大夜景でもあり、
香港、ナポリと並ぶ世界三大夜景の1つでもあります。
image019

この夜景の中にハートが隠されていて、これを見つけると恋が実ると言われています。
どこにあるかは行ってのお楽しみです。この写真でも、うっすら、、、

そんな函館ですが、主なアクセスは飛行機です。
大阪伊丹空港から函館空港まで、JALとANAによる直行便が飛んでいます。

そして、もうひとつのアクセスが3月に新しく開業した北海道新幹線
関西からだと東京で乗り換えても、合計で8時間ほどかかりますが、
これを機に、話題の新幹線に乗ってみるのも新鮮ですよ。
北海道周遊だけでなく、東北と函館を組み合わせたプランや東京と函館を組み合わせた
プランなど新しい組み合わせ方もできるようになりました。

image021

まだまだ紹介しきれなかった所がたくさんあります!
少しでも函館の魅力を感じていただけましたでしょうか?
ご旅行の相談・お申し込みお待ちしております!


大久保営業所
和田 意知朗





⇒ライン読者登録でブログの更新が確認できます!




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月20日

海外研修旅行 〜香港編〜

こんにちは。
いつも弊社ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
岡本営業所の岸本と申します。

今回のブログは、3/7〜3/11の4泊5日間の日程で参加しました
シンガポール・香港研修旅行の後半日程の香港をお伝え致します。
前回、茨木営業所の花房が前半日程のシンガポールを掲載していますので、
まだご覧になられていない方はシンガポール編も合わせてご覧ください!


まず、私たちが宿泊したホテルを紹介します。ハーバーグランド九龍(カオルーン)です。
九龍のウォーターフロントに位置するデラックスホテルです。ホテルからは尖沙咀に行く無料シャトルバスがあるばかりではなく、徒歩数分で紅磡のスターフェリー乗り場があり、北角、湾仔、中環といった香港の主要観光エリアへもらくらく移動することが出来ます。
 
image006image002
(ハーバーグランド九龍★左の写真が客室、右の写真がフロントです。)

ちなみに、香港は漢字の地名が多く読み方が難しいので、読み方をつけるようにしますね!

尖沙咀 → チムサーチョイ
北角  → ノースポイント
湾仔  → ワンチャイ
中環  → セントラル
紅磡  → ホンハム

ほかにも多くのホテルを見学した中で、特に印象に残ったホテルを紹介します!

ザペニンシュラ香港
このホテルは香港だけでなく、世界のベストホテルにも選ばれている超高級ホテルです。
ザペニンシュラ香港は1928年12月11日に、ユダヤ系イラク人のカドーリ家の2人兄弟が創業し、現在では香港随一の格式を誇る、歴史と伝統ある名門ホテルとして知られています。

image009image012
(ザペニンシュラ香港★左の写真がエントランス、右の写真がホテル外観です。)

インターコンチネンタル香港
九龍半島最先端に位置し、九龍半島と香港島の間に広がるビクトリア湾に面したホテル。
ここから見える夜景は素晴らしいの一言!1階にはロビーラウンジがあり、そこで夜景を見ながらお酒やコーヒーを飲みましたが、もう最高でした!
ラウンジの雰囲気が、私達に高揚感を与えてくれました。必見ですよ!

image018image015
(インターコンチネンタル香港★左の写真がエントランス、右のがロビーからの夜景です。


ザリッツカールトン香港
九龍半島西部・ICC(環球貿易広場)ビルの102階から118階に位置し、エアポートエクスプレスの九龍駅から直結しており。立地がとても良いです。エアポートエクスプレス香港駅、九龍駅 の両駅と主要ホテルを結ぶ無料シャトルバスが走っているので、このバスを使ってホテルへ行くことをおすすめします!市内観光や空港へのアクセスの利便性はもちろん、ショッピングモール「エレメンツ」や「スカイ100」のホットな観光スポットにもつながっています。

このホテルの車付けのエントランスは、9階にあるんですが、実はチェックインカウンターは、103階にあります(笑)なので、9階からエレベーターで103階まで上がっていきます。
さらに、客室は106階以上のフロアにあります。

image021
(ザリッツカールトン香港★9階エントランス)

香港といえば、香港ディズニーランドも有名ですよね!
残念ながら今回は園内には入っていないので、オフィシャルホテルについて紹介します。

香港ディズニーランド・ホテル
南シナ海沿岸に位置し、香港ディズニーランドまでも徒歩数分の豪華なビクトリア様式のホテルです。世界各国の一流の味を堪能し、プールサイドでカクテルを楽しみ、ミッキーマウスを象った迷路の庭園を散策しましょう。豪華な客室には最新のアメニティを完備し、6階ロビーではライブミュージックもお楽しみいただけます。
高級感のあるヴィンテージシーサイドリゾート、そしてディズニーマジックの魅力満載のホテルです。

image026image024
(香港ディズニーランドホテル★左がフロントの写真、右はホテル内のお土産屋さんです。)

ディズニー・ハリウッド・ホテル
ハリウッド映画の歴史と栄光をテーマにした華やかな雰囲気のホテルです。ミッキーマウスと一緒に食事を楽しめるビュッフェをはじめ、ピアノ型のプール、ヴィンテージカーが停まっている緑豊かな庭園などをお楽しみいただけます。ディズニー・ハリウッド・ホテルでは、ハリウッドスターになったような気分を体感できます。

image028image031


最後に、香港観光で人気のオープントップバスについて紹介したいと思います!
(過去に香港の記事があるので、他の観光スポットについてはその記事もご覧ください!)

屋根無し・2階建てのバスで、九龍名物でもある路上に突き出す色とりどりの看板が立ち並ぶ「ネイザンロード」を通り抜けます。看板にぶつかりそうになるぐらいの近さですり抜けるように走行するので、スリルと爽快感が味わえます。ただひとつだけ言えることは、風が思った以上にすごいので体が冷えます。トイレは事前に済ましておきましょう(笑)
女人街の自由散策もあるので、ショッピングもできます。

image035

ガイドさんの日本語解説付きです!天気はあいにくの雨でした><


同研修旅行に参加したスタッフが10名程おりますので、
お問合せがあれば、お近くの営業所へご連絡下さい!

ありがとうございました。


岡本営業所
岸本 雄大


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2016年04月06日

海外研修旅行 〜シンガポール編〜

こんにちは。
いつも弊社ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
茨木営業所の花房と申します。

今回のブログは、私が3/7〜3/11の4泊5日間の日程で参加しました
シンガポール・香港研修旅行についてお伝えします。

両都市ともお伝えしたい内容が多く、1回では掲載しきれないため、
前半のシンガポール滞在は私花房が担当し、
後半の香港滞在は次回岡本営業所の岸本が掲載しますので、お楽しみに!
それではご覧ください!

まず、私たちがシンガポール滞在中に宿泊したホテルをご紹介します!
滞在中宿泊したホテルは、「マンダリン・オーチャード・シンガポール」です。
シンガポールのメインストリート、オーチャード通り・中心部に位置していて、
地下鉄のオーチャード駅からも徒歩5分ほどと非常に立地が良いホテルです。
今人気のマリーナエリアへも、地下鉄で10分ほどで行く事が出来ますよ!
image001

フロントは、落ち着いた雰囲気があり、開放的で広々としています。
写真には写っていませんが、手前にもう一つカウンターがあり、
JTBのプランでお申込されたお客様専用のチェックインカウンターとなる時間もあります。

お部屋も照明が明るく、とても過ごしやすいお部屋です。
洗面とバススペースが広々していて、洗面台は清潔感あふれる洗面台でした。
備え付けのドライヤーもあり、アメニティもしっかり整っていますので、
女性の方も安心してお泊りいただけると思います。
image003













シンガポールには、一度は泊まってみたいホテルがたくさんあります!
そのホテルの中でも、いくつか立ち寄ったホテルを紹介したいと思います。
まずは、「ラッフルズホテル」
image005

太平洋戦争時に、日本軍が司令部として使ったホテルという側面もあります。
今は内陸に建っていますが、昔は通りを挟んだ反対側が海という時代もありました。
そのような経緯もあり、表玄関が面する通りはビーチ・ロードという名前です。
image007

写真は、ホテルの中庭を写しており、夜はレストランになります。
ホテル内は、南国らしい非常にゆったりとした時間が流れています。
ちなみに、客室は全てアンティークな家具が配置されたスイートですよ!

続いては、「ザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポール」
入ってすぐに目につくのは天井が高く、非常に開放的なロビーです。
このホテルは、建築家ケヴィン・ローチさん設計の全室オーシャンビューのホテル。
マリーナ地区の夜景をお風呂から見えるようになっています。
image009

日本人の方のご利用が多いので、奥に日本人専用フロントがあるので、安心ですね!
image011

日本語を話せるスタッフも多く、何かあっても安心して相談できます!

また、シンガポールで一番美味しいと言われる寿司レストランがホテル内にあります。
値段もちょっとしますが。。。笑)            ↓
image013

隣のレストランも、煌びやかでとても魅力的でした。
訪れた時はちょうどお昼時だった為、ランチをとられている方が多数いらっしゃいました。

image015


最後に紹介するホテルは有名なあのホテルです!
                       ↓ どーん!
image017
日本人だけではなく、世界中の旅行者に大人気の「マリーナ・ベイ・サンズ」
日本では、携帯電話のCMで話題となり、とても有名となりました。
55階建ての3つのタワーで成り立ち、その上の船が乗っているような屋上です。
写真に写っているのは、都島営業所の新入社員・辻くんです!

夜はこのように、ライトアップがとても綺麗でした
IMG_3231

中は客室2,500室をほこる大ホテルだけあり、まずは大きさに圧倒されます。

image021







お客様の数も非常に多くにぎやかです。(騒がしく感じるかもしれません。)
最大の特徴であり、トレンドマークの
最上階のプールは宿泊者限定です。
屋上展望台、カジノとショッピングモールは、
宿泊者以外でも利用できます。
ショッピングモールはシンガポールで一番夜遅くまで営業しているそうです!
カジノは、21歳未満は入場できません。








カジノ内は撮影禁止なので入り口だけ・・・
image023
ホテル自体の立地も抜群で、地下鉄駅直結です。どこか観光に行くにも便利!
世界最大級の観覧車、シンガポールフライヤーも近くにありますし、
さらに、近未来的な植物園「ガーデン・バイ・ザ・ベイ」へも目と鼻の距離です。

そして夜はシティ方向の夜景がとても綺麗で華やかです!
image025

いかがでしたでしょうか!?
旅行のご相談・お申込はぜひ三洋航空サービス・三洋旅行へ!


茨木営業所
花房 良祐





⇒ライン読者登録でブログの更新が確認できます!



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月23日

現代アートを求めて

こんにちは、
大久保営業所の和田です。

1月に香川県にある現代アートで話題の島、直島(なおしま)に行ってきました。

瀬戸内海に浮かぶ小さな島で、
香川県の高松港もしくは岡山県の宇野港からフェリーと高速船が就航しています

image001

フェリーも水玉アート!

直島の玄関口、宮浦港に着いたらまずお出迎えしてくれるのはこの赤かぼちゃ
毒々しい水玉模様は、草間弥生さんの作品です。

image003


↓この写真は、

image005











かぼちゃ内部
中に入ることもできます!











ほかにも中に入って楽しめるアート作品が宮浦港にはたくさんあります。

image007

次は、
image009










このガラクタをいっぱい貼り付けた建物。
実は銭湯なんです!
中も個性的で世界で唯一(?)お風呂に入りながら楽しめるアートです










直島はそんなに大きな島ではないので、移動には自転車がおすすめ!島内にはレンタサイクルの店がいっぱいあります。自転車が苦手な方は路線バスも走っているのでご安心を。

島の南側には、ベネッセアートサイト直島があります。
建築家 安藤忠雄さん設計のコンクリート打放しの大きな建物に色んな美術館が入っています。

image011
↑ 美術館です!
image013

島の中心本村地区には「家プロジェクト」という、
古い民家を改装して中をアート作品にした施設がたくさんあります。

image015

こちらは安藤忠雄ミュージアム
外観はごく普通の民家ですが、中に入ると一転安藤氏らしいコンクリート空間が。
平衡感覚を失わせる部屋なんかもあり、建築に興味のない方でもおすすめです。

今年は3年に一度の瀬戸内国際芸術祭が開催されます。
2010年から始まった直島など瀬戸内の島々を舞台にした現代アートの博覧会です。
関西からも訪れやすいので興味をもった方は是非お出かけ下さい。
ご相談お待ちしております!

image017


























大久保営業所 
和田 意知朗






⇒ライン読者登録でブログの更新が確認できます!



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月09日

お花見の季節です!

おはようございます!
いつもアクセスいただき、ありがとうございます!
立花営業所の高見です。


最近、少しずつ暖かくなってきました!
春といえば桜✿ 桜といえばお花見! お花見の季節ももうすぐそこです!!
今年はどこにいこうかと今からわくわくしています(笑)
日本人に限らず、海外の方にも日本のお花見はとても人気ですよね(^○^)

ということで、今年もやります!!
\  近鉄特急で行く 吉野桜ゆっくり散策  / IMG_3128

設定日は、4/9(土)、4/10(日)、4/11(月) の3日間。
この日は、臨時で藤井寺駅に停車します!!
近鉄南大阪線 あべの橋駅と藤井寺駅からのご参加が可能です!
近鉄あべの橋駅へは、JR環状線や大阪市営地下鉄の天王寺駅が便利ですよ

近鉄特急にて、1時間ほどで吉野駅に着きます。
吉野駅到着後、昼食会場の湯川屋さんまではお客様ご自身で向かいます。
その際、利用する事ができる吉野山ケーブルカー往復乗車券もついています(^^)

画像


ケーブルカーは、桜の木の間を通りながら進むので、
散策中に見るのとはまた違ったお花見ができますよ〜♪

そして、吉野荘湯川屋さんでの昼食付!(^^)!
ゆっくり座って、昼食を食べる事ができます





湯川屋さんでの昼食後は、出発のお時間まで自由散策です。
中千本・上千本に向かう道中には、お店がたくさんあるので、食歩きをしながら桜を見たり、
吉野山のシンボル 世界文化遺産 金峯山寺蔵王堂や吉水神社もお楽しみください(^^)/

金峯山寺・蔵王堂境内には「四本桜」と呼ばれるそれぞれ種類の違う桜が
植えられているので、違いを見比べてみてください

<2016年吉野山桜開花情報>

           下千本     中千本     上千本     奥千本
開花予想日   3月31日頃   4月2日頃   4月5日頃   4月11日頃
満開予想日    4月7日頃   4月9日頃   4月12日頃   4月18日頃

吉野町公式ホームページより

これからお花見日帰り旅行をお考えの方!その他のご旅行でも!!
お問合せ、ご予約はお近くの三洋航空サービス・三洋旅行までお気軽にどうぞ(^○^)

立花営業所
高見 晃穂






⇒ライン読者登録でブログの更新が確認できます!



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月24日

春が近づいてきました!

こんにちは、
西武八尾営業所の酒井です。
いつもアクセスありがとうございます!

暖かい日も出てきて、段々春が近づいてきましたね。
休日に淡路島へドライブへ行ってきましたので、少しだけ淡路島を紹介します


今回、淡路島へ行った目的は、2つ!

まず、1つ目は鳴門海峡の渦潮を見に行くこと。

渦潮といえば、徳島県鳴門ですが、
淡路島側からでも渦潮を見に行くことが出来ます

今回乗船したのは、淡路島南部の福良港から出航する うずしおクルーズ咸臨丸
日によって、出航時間が違うのでHPでチェックしましょう

IMG_2703
↑ 大きな渦潮は見る事ができませんでした。。。

ちなみに、乗船場から島を南進すると、道の駅うずしおがあります。
ここでは、淡路島バーガーや淡路島牛丼を食べる事ができますよ!

IMG_2719IMG_2715淡路牛をローストビーフにした牛丼。            レストランからの景色↑
玉ねぎも下にあり、美味しかったです


2つ目の目的は、水仙を見に行くこと。

淡路島に、灘黒岩水仙郷という場所があり、日本三大水仙群生地の1つとなっています。
12月下旬〜2月下旬頃まで、約500万本が咲くようですよ!

しかし、覚えていますでしょうか。
2016年1月末に大寒波が来たことを
淡路島もその例外ではなく、寒波の影響を受け、積雪で水仙がなぎ倒されたそうです。。。
IMG_2764




→ 事前に調べてはいたものの、
   今年は天候に恵まれなかったようです。






積雪にも負けず、頑張って咲いていた水仙もありました!

IMG_2745

YAHOO や GOOGLE等で、「灘黒岩水仙郷」 画像検索してみて下さい笑
※今年は、既に閉園されているようなので、ご注意下さい!また、来年ですね。


暖かくなってくると、お出かけしたくなりまりませんか??
日帰りでもお泊りでも、お出かけのご相談お待ちしています!

ありがとうございました。


追記

これからの時期、果物狩りもおすすめですよ。
IMG_2801



西武八尾営業所
酒井 達朗






⇒ライン読者登録でブログの更新が確認できます!



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月10日

香港おすすめスポット!

おはようございます!
三ノ宮営業所の山田と申します。

2015年12月2日から4日間、香港研修へ行ってきましたので、
今日は香港の魅力をお伝えします!

香港まではキャセイパシフィック航空が便利。
往路 CX567便  9:30発―12:55着
復路 CX502便 16:35発―21:00着
滞在時間もたっぷり取れるのでおすすめです!

皆様香港といえば何を想像されますか?

最近人気があるのが、香港ディズニーランドです。
世界で一番新しいディズニーランドとして、昨年10周年を迎えました。
規模は大きくはないのですが、個人的なおすすめはキャラクターに沢山出会えることです。
ディズニーファンの方は賛否両論かもしれませんが、香港ディズニーにはミッキーが沢山います(笑)
グリーティング場所もいくつかありますし、パレードにも同時に出ている模様…
image001




なので東京ディズニーランドのように
1時間も並ばなくてもミッキーと写真が
撮れちゃいます!
しかも香港のミッキーはサービス精神旺盛なので、行ってみる価値ありです
(o^^o)
(写真はドナルドとデイジーですが…(笑))







そして有名なのは何といっても香港夜景ですよね。
ビクトリアピークからの夜景は世界三大夜景としてうたわれています。(長崎・香港・モナコ)
私が行った日は少しガスがかかっていて綺麗には見えませんでしたが、
実はもう一つ、スターフェリーから見る夜景もかなりおすすめです。
左がビクトリアピークからの夜景、右がスターフェリーからの夜景です。
写真では綺麗にお伝えできないので、実際に足を運んで皆様の目でお楽しみください!
  
image003image005









同じく展望スポットとしておすすめなのが「SKY100」
ここは香港一の高層ビル、環球貿易廣場(International Commercial Centre:ICC)の地上100階にあり香港の街並みを360℃見渡せます。
(ICCにはホテル「ザ・リッツ・カールトン香港」も入っています( ゚Д゚))
SKY100では高速エレベーターが、60秒で100階まで連れて行ってくれます。
カフェスペースもあるので、夜は夜景を見ながらゆっくりすることもできます。
(この日もガスがかかっていて少し曇って見えますね(^_^;))

image007image011 

image009


そして香港の最新のスポット、セントラルスターフェリー乗り場近くにできた、
観覧車「The Hong Kong Observation Wheel」
営業時間は10:00〜23:00で大人は100HK$です。売店にてホットドッグやドリンクなど購入可能です。日本の観覧車よりもスピードが速いため、乗り降りの際は止まります。
また、1周ではなく3周ほど回ります。1つのゴンドラで8人まで乗ることができます。
   
image013image015


最後にご紹介するのは「黄大仙(ウォンタイシン)」
「黄大仙(ウォンタイシン)」は香港最大級の寺院で、

「有求必應(求めれば必ず願いが叶う)」寺

としても名高く、老若男女問わず多くの香港人が、悩み事があるときや叶えたい願い事が
あるときに参拝します。
  
image017image019


ここでは占いも有名です。寺院向かって左手にある建物では、
沢山の占いブースがもうけられており、占いマンションのようになっています。

image021

image023



日本語を話せる方もいるようで私たちもガイドさんに教えていただいた106番ブースへ行ってみました!

日本の雑誌にも沢山取り上げられている方で、手相占い・人相占い・四柱推命等があり、私は手相占いをして頂きました。

(日本円で約5000円と
まあまあ高めです(^_^;))















まだまだご紹介しきれない観光スポットがありますので、興味をお持ち頂けた方も、
そうではない方も(笑)
ぜひ店頭までお越し下さい!!

ここには載せきれていない観光スポットや現地の情報など、沢山ご案内いたします!(^^)
皆様とカウンターにてお会いできるのを楽しみにしております(^ω^)

ありがとうございました!!

三ノ宮営業所
山田 彩加







⇒ライン読者登録でブログの更新が確認できます!




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月27日

ソウルからの日帰り旅「全州」

おはようございます。
大久保営業所の磯島健治郎です。


韓国「全州」に行って来ました。
韓国王朝発祥の地で、
全州韓屋村(ハノッマウル)でとても有名なところです。
又、全州ビビンバなどなど
韓国の食の中心とも言われています。

2015年4月に開業したKTX湖南高速線で、
ソウルから約1時間30分で到達できるようになりました。
実際の発着はソウル駅ではなく、 
2駅ほど南にある 龍山(ヨンサム)駅 から列車は出発します。

IMG_0164

お昼ごはんには、
全州ビビンバではなく、王朝料理と言われる韓定食をいただきました。

『御膳の足が折れるほどたくさん』と表現される通り、
テーブルいっぱいにおかずが運ばれてきました。
2人以上からの注文となり、今回は2人で50,000ウオン(約5.500円)でした。
さすがの私もおなかいっぱいで動けん・・・・・

IMG_0169

全州韓屋村は、
全州駅からタクシーで約20分/約6,000ウオン(約660円)くらいのところにあります。
約700軒の韓国伝統家屋が建ち並んでいます。

IMG_0176
比較的狭いエリアなので、
徒歩で観光できます。
それらの多くが、
全州ビビンバのお店やカフェ、
串いも揚げ・焼もちなど
テイク・アウトのお店、
お土産物のお店、
そして、旅館などなどになっています。


1日ぶらぶらするにはちょうど良い感じです。

IMG_0184


観光客は若い女性の方々も多く、そのかなりの方がレンタル衣装で
韓流歴史ドラマにでてくるようなチマチョゴリや 
はではでのキーセンさん(夜のおねーさん) 
さらには 王女様スタイルで街をかっぽされていました。

すごく似合っている人もいて ほれぼれ

IMG_0178

ソウルからの日帰り旅行にピッタリかと思います。
いかがでしょうか。

ありがとうございました。


大久保営業所
磯島健治郎






⇒ライン読者登録でブログの更新が確認できます!




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月13日

新年あけましておめでとうございます。

いつも弊社ブログをご覧いただき有難うございます。
三洋旅行尼崎営業所の倭 裕彦(YAMATO YASUHIKO)です。
本年もどうぞよろしくお願い致します。


今回のブログは旅のご紹介ではなく、少し趣向を変えて
私の経験したとってもハッピーなことについて書かせていただきますのでご笑読下さいませ!!


今から約10年程前に経験した遠い(笑)話です。
お客様からとっても素晴らしい私にとって宝物のようなご褒美を頂戴しました。


話は、ご褒美をいただく2年前に遡ります。
毎月決まって、京都から東京までの往復高速バスをご購入頂いていた
20代前半の若い女性のお客様がおられました。
毎月、ご来店されますので自然に親しくさせていただいたこの女性のお客様。
高速バスを手配する単純な内容なのに、私の出勤予定を確認の上ご来店されていました。


ご来店度にお話しされる会話の中で、遠距離交際をされていたことは承知していました。
時々、ちょっとしたお悩みなんかも拝聴するようになり、私なりに人生の先輩としてアドバイスをさせていただいておりました。
(仕事を一緒にしている関係ではないので、アドバイスといっても当然差し障りのない範囲です。)


毎月ご来店されるそのお客様が、突然ご来店されなくなり、どうされたのかなぁと心配しておりました。(商売上でなく真にそのお客様のことが気になっていたのは間違いありません。)


数ヶ月後、お母様とご本人が揃ってご来店。
とても晴れやかなお顔をされておられました。お母様と御目にかかるのはこれが初めてでした。

お母様から
「娘から倭さんのことをよく伺っておりました。この度結婚が決まりそのご報告に参りました。」
と深々と頭を下げられました。

私は、正直慌ててどうしたらいいかわからず、お母様に
「私はただお嬢様からご依頼の高速バスを手配させていただいていただけです。
ご報告なんてもったいないお言葉です」
とお応えするのはやっとです。

毎月、女性の方からのお話しにお応えした内容がご本人にはご結婚への後押しになっていたようで、ご結婚が決まってすぐに報告にご来店いただいたとのことです。


それはとっても、うれしかったですし、当日の事を今でもはっきりと覚えております。


披露宴のご招待までいただいたのでが、これは丁重にご辞退申し上げました。
ハネムーンのご予約もいただき、商売的には有難かったのですが、その前の感動(ありがたみ)が大きすぎて淡々と手配したと思います。


今でも、時々近況をご連絡いただいていて、今や私の心の大切な方のお一人でもあります。
こんな素晴らしい贈り物をお客様から頂戴した上、
今の私の仕事の糧にもさせていただき本当に有難い限りです。


接客の仕事は、結局のところは感情がある人と人の仕事です。


もちろん、つらいことや悔しいことも山ほどあります。
反面、お客様から言葉にならないほどの感動を頂戴することもあります。


いい仕事に就かせて頂いていると誇りに思いつつ、お客様のご来店をお待ちしている日々です。


自分のことばかりで、この記事を独占して申し訳ございませんでした。 
  

乱文で失礼しました。




追記
 この記事は、お客様ご本人とご家族様のご承諾をいただき掲載させていただいております。
    


尼崎営業所
倭 裕彦

  




⇒ライン読者登録でブログの更新が確認できます!






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月30日

冬の味覚の王様

皆様、こんにちは。
藤井寺営業所の横部幸二と申します。
いつも、弊社のブログをご覧いただきありがとうございます。
いよいよ今年も終わりですね。皆様は、今年も充実した一年を過ごされましたでしょうか?


さて、私は12月2日から1泊、家族と山中温泉に行ってきました!
皆様は、山中温泉に行かれたことはございますでしょうか?
石川県・加賀温泉駅が最寄駅、大阪からは特急サンダーバードで約2時間半です!
今回は吉祥やまなかという旅館に宿泊しましたので、その事も含めレポートしたいと思います。


まず今回の旅館、「吉祥やまなか」について。
結論からいって、JTBアンケート総合評価85点以上(100点満点中)というのは納得でした!

特に良かった点は、細やかなサービスが行き届いていて、どのスタッフも気持ちの良い対応で、旅館全体がおもてなしの心を持って接客してくれているのが分かりました。
サービス面では、コーヒー・紅茶・加賀棒茶を滞在中自由に飲めること、夕方にはお風呂上がりに生ビール1杯いただけます。

ロビーラウンジにて加賀棒茶・コーヒー・紅茶サービス

その他、チェックインを済ませたら、鉄板焼きのレストラン(青竹)にてアフタヌーンティーサービスがいただけます。目の前で焼いていただくパンケーキは出来立てでとても美味しかったです。

景色を見ながらアフタヌーン出来立てアツアツのパンケーキ

3種類の貸し切り風呂もあり、45分間無料で利用可能です。
バリアフリーで、家族連れにありがたい、洗面台が2つある内風呂タイプも1か所あります。
それぞれ時間等、詳しくは各パンフレットの吉祥やまなかのおもてなしの欄をご確認下さい。


客室案内係りの方に1日の過ごし方を相談した時に、適切なプランを提示してくれました。
それが以下の通りです。

14時チェックイン
14時30分アフタヌーンティーをいただく
15時送迎バスで姉妹館「かがり吉祥亭」へ。

そこから降りて、こおろぎ橋〜あやとり橋辺りを鶴仙渓の遊歩道を通って歩き、その後、お土産などのお店が並ぶ『ゆげ街道』をみて帰ってくる。散策後、またかがり吉祥亭からの送迎バスで吉祥やまなかまで送ってもらう。

こおろぎ橋あやとり橋


この行程で、旅館に帰ってきたのはちょうど17時過ぎでした。
子供もいたため急ぐことは出来なかったのですが、忙しい行程でもなく、いけたように思います。


夕食時、金時草ジュースという向こうでしか飲めない一見青汁のような飲み物が珍しいので挑戦したのですが、飲めるかなぁと不安がっていると、「もしお口に合わなければ、別のものとお取り替えしますので、おっしゃってくださいね」と一声掛けてもらいました。
そういう心遣いってすごくありがたいですよね。
結果的にはすごく美味しくて、朝食にも飲みましたが。

細かい気遣いはまだまだあり紹介しきれませんが、次は今回の夕食について。

旅館に泊まって大事なものの一つが、お食事
今回は基本料理プランである『ずわいがに会席』をチョイスしましたが、
それでもかに料理は12品中8品でかに2杯相当ありました。

焼き蟹・蟹みそ
焼き蟹・蟹みそ

ずわいがに握り寿司・甲羅盛・かに刺し
ずわいがに握り寿司・甲羅盛・かし刺し

ずわいがに姿蒸し!
究めつきはずわいがに姿蒸し



もう食べれない!というくらいカニが出て大満足でした。
気づけば、お腹は満腹、これ以上ない冬の味覚を堪能する事が出来ました。


そして客室について。私たちが宿泊した客室は、10畳+広縁の基本客室(楽タイプ)です。
お部屋は、清潔感があり、洗面台もおしゃれで、アメニティーも揃っています、

基本客室(楽タイプ)客室からの風景

また浴衣では寝苦しい方もいらっしゃるかと思いますが、
安心してください!パジャマもありましたよ!


山中節の夕べ(山中節小唄)


夜には「山中節の夕べ」と題して曜日ごとに山中節小唄や山中節の踊りが催され、
北陸山中の伝統芸能に触れることも出来ます。




このように、寛ぎのおもてなしにあふれる素敵な旅館での2日間はあっという間に過ぎましたが、非常に気持ちの良いひとときでした。朝食もとっても美味しかったです。

朝食も美味しくいただきました


冬の味覚の王様カニの美味しい季節は、来年3月まで楽しめます!
ぜひ北陸山中温泉でカニ料理を堪能する旅にお出かけしてみませんか?

2015年最後のブログとなりましたが、皆様本当にありがとうございました。
良い年をお迎え下さい。2016年も弊社並びにSASBLOGをどうぞよろしくお願い致します。

来るべき新しい年が皆様にとって幸多き一年でありますようにお祈り申し上げます。

藤井寺営業所
横部 幸二





⇒ライン読者登録でブログの更新が確認できます!



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)