2017年12月06日

香川県・こんぴら温泉添乗記

いつも当社のブログをご覧頂きまして、誠に有難うございます。
私、大阪は堺市にあります『三洋旅行・北野田営業所』の田村と申します。

今回は11月の初旬に、とある団体旅行の添乗員としてご一緒させて頂きました。
そのときのことを少し記事にしたいと思います。

旅行の目的地は香川県・琴平温泉
皆様ご存じ、金刀比羅宮(こんぴらさん)のすぐ近くにある温泉地です。


大阪から明石海峡大橋を渡り、淡路島を抜け、大鳴門橋を渡り向かいます。
四国へ渡る直前に、休憩で淡路島最南端の『道の駅うずしお』に立ち寄りました。
ここでは淡路島の名産品、お菓子などが買えるだけでなく、少し歩くと大鳴門橋が
一望できる展望台があります。


写真1
  


時間さえ合えば、ここからうずしおを見ることも出来ます。
※残念ながら、今回は時間が合わず、うずしおを見ることはできませんでした


淡路島から四国に入り、宿泊先に行く前に高松市内にある
『栗林公園』へ立ち寄りました。「公園」という名前こそ付いていますが、
実際には国の特別名勝に指定された日本庭園です。
春は桜、秋は紅葉の名所としても有名で、特に紅葉の時期は夜のライトアップも。
また無料のボランティアガイドさんも待機していて、歴史や庭木の説明を聞きながら公園内を周ることも出来ます。※団体の場合は予約が必要です。



写真2
  



そして、今回の旅の目的地である、こんぴら温泉郷に到着しました。
この日のお宿は『琴平グランドホテル 桜の抄』
このお宿は、なんといっても立地が抜群!
ホテルの玄関を出て約20Mで、金刀比羅宮の参道に出ることが出来ます。



写真3
  



しかし・・・ここから先が長い!!石段を登り始めて365段で、『大門』に到着。



写真4
  



『金刀比羅宮(こんぴらさん)』の境内はここからになるのですが、
石段はまだまだ続き・・・
計785段の石段を上って、ようやく御本宮に到着です。
私の足で片道約20分、参拝も含め往復約1時間かかりました。
お参りを済ませ展望台に行くと、このような景色が疲れがスッキリ取れました。



写真6写真5
※右写真の左手に見える山は、「讃岐富士」の別名を持つ「飯野山」です。
  


本宮から、石段をさらに590段ほど登った所には奥社があるのですが、このときは先般の台風の影響で行けなくなっていました。



こんぴら温泉郷には、今回利用させて頂いた『琴平グランドホテル 桜の抄』のほかに、『桜の抄』の姉妹館である『湯元こんぴら温泉 華の湯紅梅亭』『ことひら温泉 琴参閣』等、その他たくさん旅館があります。
こんぴら温泉郷へお出かけの際は、お泊りで観光することがオススメです。

ご旅行のご相談は、ぜひお近くの弊社営業所までお問い合わせ下さい!

北野田営業所
田村 雄司




S__5922818


















友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:30|PermalinkComments(0)

2017年11月22日

さあ行こう!冬でもホットな伊勢・鳥羽へ!!

こんにちは!
いつも弊社のブログをご観覧いただきありがとうございます。
逆瀬川営業所の武田と申します。

弊社のブログ、なんと今回で100回目を迎えました!!
これからも、皆様におもしろいと思っていただけるような記事を書いて参ります!


さて。
先月私は、会社の仲間と一緒に一泊二日で伊勢・鳥羽へ旅行に行きました。
今回の記事では、私のおすすめポイントをメインにご紹介していきたいと思います。


こちらは、今回私たちが往路列車で利用した近鉄特急・ビスタカーのグループ席。

ビスタグループ席


2階建て車両の1階部分にある3名〜5名で利用できる座席で、青を基調とした落ち着きある色味のソファタイプになっており、各座席がくっついているので窮屈さを感じることなくゆったりとくつろいで頂くことができます。
また、半個室の様な感じになっているので、グループの方やファミリーにはとてもおすすめできる座席だと感じました。


そして伊勢市についていざ観光へ!
一日目は外宮→おはらい町・おかげ横丁→内宮→宿泊ホテルという行程で動きました。


外宮で神様にご挨拶をして、バスに乗車し、内宮手前のおはらい町へ向かいました。
左右にかわいい雑貨や美味しそうな食べ物が売られているお店が立ち並んでいて、ついつい足が止まってしまいます、、、私にとって魅力たくさんの場所です!


こちらは昼食に私が食べた、海鮮丼と伊勢名物の伊勢うどんの定食です。

海鮮丼


「関西の人は、あまり伊勢うどんを好まない」と聞いていました。初めて食べてみて、確かに香川の讃岐うどんとは全然違う食感ではありますが、これはこれでまた美味しいと思いました!!

ちなみに、今回お邪魔した「奥野屋」さんは、私たちが食べたお店のすぐ横にある「おく乃」さんの牛ステーキと2階にある「香奥」さんで出しているうなぎがとても美味しいそうなので次は必ず行きたいと思います。


お店を出た後も、気になったお店に出ては入って食べ歩きをしました。
ここで、私の気に入ったお店をいくつかピックアップしてご紹介します★

こちらは「伊勢角屋麦酒 内宮前店」さん。

伊勢角屋麦酒2


カキフライが食べる事が出来ますし、ビール飲み比べセットが売られています。
ビール好きな方、お酒が好きな方には嬉しい場所ですね。

伊勢角屋麦酒


こちらは「豚捨」さん。おかげ横丁の奥に位置しています。

豚捨


サイズも味もVERY GOODなコロッケやメンチカツが1つ100円で販売しています。
おはらい町で人力車の仕事をしているお兄さんもパワーチャージに立ち寄るほど人気の一品です。

こちらは、宇治橋側からおはらい町に入ってすぐにある、「二光堂」さんの店先にある松阪牛の牛串です。

牛串


松阪牛なので、この一本で700円と少しお値段が張りますが、とても柔らかくて美味しくお値段以上の価値はあると思います。ぜひ、食べてみてください!

食べ歩きを満喫した後は、内宮を参拝し、宿泊するホテルへと向かいました。

宇治橋



私たちが今回泊まったお宿は、「鳥羽シーサイドホテル」の「汀館」です。


お部屋はこんな感じです。
和室12.5畳+3畳の和室6名定員のお部屋です。とっても広い!!


鳥羽シーサイド1鳥羽シーサイド2  



洗面台が2つ、向かい側にお手洗いも2つあり、内風呂も洗い場付きで広々としていて、定員の6名で泊まっても朝の支度に混みあう心配がありません!

鳥羽シーサイド3


お部屋の窓から見える景色もこの通り、オーシャンビューの絶景です!
窓も大きく高台の上にあるホテルだけに、鳥羽湾全体を部屋の中からご覧頂けますので、解放感いっぱいです。泊まったこの日はちょっと曇っていて残念でしたが、晴れた景色を次回見てみたいものです。

夕食は、
伊勢海老のお造り、鮑、松阪牛のすき焼きなど、三重県の特産物贅沢づくしの会席
バイキングを選んでいただくこともできますが、こちらのホテルでご宿泊の際は、
「詩季会席」がオススメ!ぜひ、ご賞味下さい!


鳥羽シーサイド4鳥羽シーサイド5 


また、お風呂なので写真は撮れませんでしたが、ホテル内にある3つの館(汀館、 岬亭、望館)それぞれに温浴施設があり、3つのお風呂を湯めぐりできます
どのお風呂もとても気持ち良かったですが、個人的には望館にあるお風呂が、鳥羽湾を一望できる露天風呂があるので一番良かったです。





…2日目はあいにくの雨。

当初、行程に鳥羽湾クルーズも入れていたのですが、雨だけにスケジュールを変えて伊勢シーパラダイス鳥羽水族館、2つの水族館を巡りました。
ここでは、伊勢シーパラダイスの紹介をしようと思います。

シーパラ1


こちらの水族館は、鳥羽水族館に比べて規模は小さいものの、海の動物たちととても近い距離で触れ合えます。
1日10人限定ですが、ゴマフアザラシを膝の上に乗せて写真が撮れたり、カワウソと握手出来たり、またイルカたちと自由にキャッチボールができたりします。
きちんとできるかどうかは、イルカたちの気分にもよるのですが、、、。笑

シーパラ2


水槽を見るだけの水族館には飽きた!という方にはオススメの水族館です。
また、すぐ近くには夫婦岩で有名な二見興玉神社もあるので、シーパラダイスを観光する前後にそちらにも足を運んでみてください!



そして最後に、、、大人気の観光特急『しまかぜ』のご紹介です。
プレミアムシートと迷ったのですが、今回はグループ席に乗車しました。

しまかぜ1


特徴的なのは、写真でも伝わるはず!この大きな窓
流れる景色を見ながら、気の合う仲間とわいわい楽しむにはもってこいの席なので、グループ席を使いしまかぜに乗るなら、日中運行の関西→伊勢方面がおすすめです。
※但し、往路(関西→伊勢方面)の列車は非常に混み合いますので、ご注意を。

しまかぜ2


また、カフェ車両での優雅な食事も体験しました。
車内にカフェやレストランのある列車はあまりありませんので、良い体験となりました!
カフェの席数は少なめなので、乗車後早めに行くことをお勧めします。


11月15日から、「伊勢神宮初詣割引きっぷ(ゆめもうで)」も発売されたので、ぜひこの機会に伊勢志摩におでかけください!
ご旅行のご相談は、弊社までお問い合わせ下さい!


逆瀬川営業所
武田 悠


S__5922818



















友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 18:30|PermalinkComments(0)

2017年11月08日

マハロ!ハワイ島

こんにちは!
苦楽園営業所の隅田と申します。
ハワイ研修へ参加しましたのでご紹介させて頂きます。

目的地は・・・
ホノルルのあるオアフ島から飛行機で約50分でアクセス可能、
「ビッグ・アイランド」と言われている「ハワイ島」

hawaii_islands_map
四国の約半分くらいの大きさです。

火山の噴火で流れ出た溶岩で、あたり一面真っ黒です!
hawaii island

9/15より日本航空の成田⇔ハワイ島(コナ)の直行便が就航し、日本からもアクセスが良くなりました。
日本からの直行便も就航し、大規模な改装工事中で快適な空港として生まれ変わるようですが、現在のコナ空港がこのような感じです。
コナ空港
空港とは思えない、アトラクション乗り場のような建物ですよね。
リゾート感あふれる、オープンエアーな空港です。
年間を通して数日しか雨が降らないコナ地区ならではの造りです。


おすすめのオプショナル「世界遺産キラウエア火山と星のツアー」をご紹介します!
★JTBオプショナルはこちらご参照下さい。

島の西側コナ地区から、車で東へ走ること約1時間半でヒロ地区へ
レインボー滝
レインボーファールズ

実はハワイ島は世界にある全気候帯17のうち2つ(サハラ気候・北極気候)を除く15の気候帯が存在します。
からっと晴れていたコナに対して、ヒロはとても雨が多い地区です。
そして火山へ行くと・・・とっても寒いのでダウンがないと寒いですが、ツアーではジャケット貸出があるので安心ですが、羽織は必ず持参しましょう!

キラウエア火山へ行く途中で立ち寄りますが・・・
ハワイ島のお土産はぜひ!「ビッグアイランド・キャンディーズ」のクッキーを!!
コナコーヒーとの相性抜群です。

ヒロから約50分、世界遺産キラウエア火山国立公園へ到着
キラウエア

ハレマウマウ火口を見たあとは、隣接している「ジャガーミュージアム」で火山について学ぶことができます。
ハワイには様々な神話があり、火山の女神「ペレ」を怒らせると噴火が起こると言われています。
落ちている溶岩を持ち帰ると不幸が起きると言われているので要注意です!!


火山から噴出した溶岩には種類があり、その名前も面白いです。

pere
そのうちのひとつが「ペレの髪の毛」
溶岩の中のガラス質が空気中で細い針状に固まり、
できるそうです。

他にも、「ペレの涙」「アア」「パーホエホエ」というものもあります。

さあどんな形でしょうか!
現地で確認してみて下さいね。



つづいて・・・「溶岩トンネル」
ラバチューブ
熱くてドロドロした溶岩が流れると、表面が空気に触れ冷やされ、固まり始めます。
この固まった部分がトンネルの壁となり、中の熱いドロドロ溶岩は全部流れ去り、トンネルができあがるそうです。




少し車を走らせて・・・
溶岩の上でお弁当(夕食) 大きな虹がでました
虹

そして日が落ちてから再びハレマウマウ火口を観察します。
火口
写真ではなかなか伝わりにくいですが、昼間白い煙が上がっていた火口が真っ赤に燃え上がっている光景は大迫力でした!!

そしてマウナケア山の中腹まで戻り星空観測
新月でしたので、満点の星空に天の川もばっちり見られました!
またガイドさんの星についてお話が面白く、とても興味深かったです。
私は運よく自分の星座がハワイの空で見られました


宿泊は「マウナ ラニ ベイホテル&バンガローズ」
ハワイ島のホテルのなかでは部屋数が少ないのでガヤガヤしておらず、敷地が広くゆったり過ごせますし、各施設が充実しています。

ホテル2














そしてなんと、ホテル敷地内は世界三大パワースポットのひとつです。
ハワイ島にある5つの山々の中心に位置しておりパワーが集まる地とされているそうです。
「Historic Park」には溶岩でできた洞窟があり、そこから差し込む光に立つと自分のオーラが見えると話題のスポットです。

洞窟

-

ホテル1


他にも、昔の王族に献上する魚を養殖していた「フィッシュ ポンド」や
敷地内には魚やホヌ(カメ)、なんとハンマーヘッドシャークもいます!
またレンタサイクルをし敷地内や付近をゆったりサイクリングも可能です。

大自然を堪能したい方にはハワイ島はとってもおすすめです!!
ぜひ、ハワイ島へ!
ご旅行のご相談は、弊社までご相談下さい。


苦楽園営業所
隅田 枝里


S__5922818


















友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:30|PermalinkComments(0)

2017年10月25日

山陰には、おすすめのお宿がいっぱい!

こんにちは!
そごう西神営業所の佐藤彩佳と申します。
いつも弊社のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
今回は、研修で訪ねた山陰の島根・鳥取の宿を中心にご紹介いたします。
久しぶりの国内のご案内ですね。


まず1軒目は出雲の「いにしえの宿 佳雲(けいうん)」です。
今年7月にオープンした新しいお宿です。

こちらは出雲大社(勢溜の大鳥居)まで徒歩約8分で、参拝・観光に非常によい立地にあり、まだ人が少ない時間の早朝参拝という特別な時間を過ごすことができます

全館畳敷き、全室和ベッド、また館内のいたるところに日本神話や大社を連想する意匠がこらしてあり、雰囲気も味わえます。


_賊澄.蹈咫
 


お部屋の一例はこちら。
全室専用のお風呂があり、一部客室には温泉をひいた露天風呂が愉しめます。

佳雲 客室2賊澄ゝ匱赦天風呂  


2軒目は「月夜のうさぎ」です。
こちらは先ほどご紹介した「佳雲」の姉妹館で隣接しており、こちらも大社の参拝には好立地です。

館内やお部屋は非常に明るく、清潔感がありつつ温かみが感じられます。
お食事は夕朝食ともにバイキング。日本海の海の幸、特に豪快な海鮮の大舟盛がおすすめです!

げ賊澄‖舁畩シ醋襪里Δ気 客室



「佳雲」、「月夜のうさぎ」ともに全室ともベッドは定員ベースで設置してあるため、「トリプルだと3人目がエキストラベッドで気まずい…」なんて心配はありません!また、どのベッドにも枕元にはコンセントとUSBポートがあって安心ですね。

2館の大浴場に加え、5つの貸切風呂も無料でご利用いただけます。
湯上り処のアイスや夜なきそばのサービスもあり、細かい気配りが感じられる2館です。

旧暦10月(11月末から12月頭)は全国の八百万の神々が出雲に集まり、「神在祭」などの神事が行われます。これからの時期の出雲観光もおすすめです!  



続いては玉造温泉の「佳翠苑皆美」です。
玉造温泉にとどまらず、山陰を代表する評価の高いお宿です。

佳翠苑皆美 外観




この記事では特におすすめの、今年7月に新設定された「雲のね」というお部屋をご紹介します。
こちらは和洋室タイプの一例です。テラスにある専用の露天風呂は温泉! 落ち着いた雰囲気で、ゆったりくつろげるお部屋です。

Σ多蕷餝美 雲のねР多蕷餝美 雲のねベッド  


他にも標準的な和室、数寄屋造りの和室、和ベッドなど幅広い客室を備えており、どのお客様にも合ったスタイルのご滞在が可能です。

肝心の温泉は、露天風呂や最上階の展望露天風呂、手湯、足湯、美顔入浴など、玉造温泉の美肌の湯を様々な形で愉しめます。


お食事は地元の食材にこだわった内容で季節も感じられ、お出汁が美味しく料亭のお料理のようでした。皆美伝統のお出汁を使った鯛茶漬けが有名です、ぜひご賞味ください!
朝食バイキングも評判! 目移りして選ぶのに悩んでしまいます。しじみのお味噌汁も仁多コ米のご飯も、どれも美味しくいただきました。

┣多蕷餝美 夕食の一皿佳翠苑皆美 朝食バイキング  


4軒目は松江の「なにわ一水」です。
全室が宍道湖に面し、美しい景色を愉しめるお宿です。

このお宿の特徴は、バリアフリーに力を入れているところです。特に車いすの方がストレスフリーに滞在いただける気配りが溢れています。バリアフリー客室はもちろん、館内には段差がほとんどなく、スロープも設置されており、車いす対応の送迎車もあります。

なにわ一水 多目的トイレ
 


おすすめのお部屋は「MINAMO」と「水と雲の抄」フロアの客室です。それぞれ内装が異なります。写真は一例です。

なにわ一水 客室


どのお部屋も大きな一枚ガラスの窓で、時間によって変化する宍道湖のきれいな景色を一望できます。ウッドデッキには露天風呂を備えており、もちろんお湯は温泉! 広々とした空間で非日常の時間を味わえる、おすすめのお宿です。

なにわ一水 客室テラスなにわ一水 客室露天風呂 



最後は三朝温泉の「旅館大橋」です。
なんとこちらは建物の一部が国登録有形文化財に指定されている歴史あるお宿です。

安膓供ヽ梓餌膓供‖生欟供瞥形文化財) 


純和風で趣あるお部屋はほとんどが三朝温泉街を流れる三徳川に面しており、きれいな景観を楽しめます。波打つガラスや梁、欄間など、細かなところも見入ってしまうほどです。

ただし館内にはエレベーターがなく、階段も多少急に感じるところもあるため、お足元の悪い方にはおすすめできません。ご注意ください。

佳膓供ゝ匱式賣澗膓供ゝ匱執縁 


三朝温泉という名称には「三度朝を迎えると病気が治る」という由来の説があります。それほど高い効能を誇る温泉で、世界でも有数のラジウム泉として知られています。

お宿の「岩窟の湯」では敷地内から湯船が自然噴出している所があり、まさに源泉かけ流し! また「せせらぎの湯」は三徳川のせせらぎの音を聞きながらつかれる露天風呂です。

お食事は、黄綬褒章を受章した料理長が腕を振るう季節の会席料理で、宿泊アンケートでも非常に高い評価を得ています。

21大橋 岩窟の湯22大橋 せせらぎの湯 




…それぞれに際立った特徴のあるお宿がある山陰、島根・鳥取です。
温泉に入って、美味しいものを食べて、ゆったりと過ごす旅はいかがでしょうか?


お問い合わせは、お近くの弊社営業所までお気軽にどうぞ。

皆様のご来店をお待ちしております。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

そごう西神営業所
佐藤 彩佳


S__5922818



















友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:30|PermalinkComments(0)

2017年10月11日

眠らない街 ラスベガス

こんにちは!
三洋航空サービス/三洋旅行のブログにアクセス頂きましてありがとうございます。
立花営業所の酒井達朗です。
少し前の話にはなりますが、7月にラスベガスへ添乗員として同行しましたので、その時の様子を簡単にご紹介したいと思います。


それに先立ちまして。
去る10月1日にラスベガスで発生しました銃撃事件において、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、お怪我や被害にあわれた方の一刻も早いご回復を、心からお祈り申し上げます。



さて。
今回利用した航空会社は、デルタ航空です。
伊丹⇔羽田⇔ロサンゼルス⇔ラスベガスの経路でした。
IMG_2467IMG_2469

初めて羽田空港で国際線の乗継をしました。国内線と国際線のターミナル間の距離が少し離れていますが、ターミナル間バスに乗るだけでとても簡単です

ロサンゼルス国際空港では、改装されたターミナル2を乗継便で利用しました。
ショッピングモールを運営するWestfieldが監修したターミナルで、楽しくリラックスをテーマに改装したそうです。しかし、ロサンゼルス空港は大規模工事中でしたので、パーテーションで囲ってあったりする部分もあったりしました。

ラスベガスの空港では、到着してすぐスロットが並び、ラスベガスに来たぞという雰囲気が出ています。どうやら、余ったお金で遊んで貰うためのスロットらしいです。

IMG_2580

どの空港に共通して言えることですが、スマホやタブレットの普及により、空港の至る所にコンセントやUSB差込口が設置されていて、携帯の電池残量を気にせず空港で過ごすことができます!今回は、飛行機の座席にもUSB差込口がありました


さて、今回宿泊したホテルはここです。
IMG_2485

一瞬、エジプト・・・?と思うような「ルクソールホテル&カジノ」
今回は、タワー棟という別棟の利用ですが、もちろんこの黒いピラミッドの中にも客室があります。中には、世界初の斜めに進むエレベーターもあるそうですが、今回は乗りそびれてしまいました。

IMG_2540IMG_2541




ホテル中は空洞になっています。ピラミッドの裏には、プールがありました。


観光には、グランドキャニオンへの日帰り旅行街歩きがメインでした。

グランドキャニオンの景色は、本当に壮大!
写真と自分の目で見た光景を比較すると想像とは違うということがありますが、
グランドキャニオンは、写真や映像では伝わらない圧巻の景色が広がっています。
行こうか悩んでいる方は、絶対に訪れた方が良いですよ!
IMG_2530IMG_2509



ラスベガスは、眠らない町といわれていますが、日が落ちてくると街に人が増えてくる印象を受けました。日中は45度ほどありますし、夜になるとたくさんイベントやショーが行われ、暗くなるにつれてどんどん賑やかになる町です。

日が落ちると、町中が光り始めます。
各ホテルで噴水ショーが行われたり、ストラスフィアタワーからの夜景を見たり。

IMG_2564IMG_2563



ストラスフィアタワーの展望台では、テレビとかでも取り上げられる絶叫マシンがありました!乗っている人がいましたが、僕自身は絶対に乗れません。。。!

IMG_2561
↑興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてください。


ラスベガスへは、日本からの直行便はありませんが、アメリカの都市(サンフランシスコやロサンゼルス等)を一度経由すれば訪れる事ができます。

まだまだ、見ることが出来ていない場所もあるので、チャンスがあれば再び訪れてみたいと思います。

長文ご覧いただきありがとうございました!
ぜひ、弊社までお問い合わせお待ちしております。


立花営業所
酒井 達朗

S__5922818



















友だち追加




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:30|PermalinkComments(0)

2017年10月01日

SNS開設のご案内

いつも弊社ブログをご覧いただきましてありがとうございます!
立花営業所の酒井達朗です。


本日10月1日より弊社のSNSとして、
「FACEBOOK」Instagram「LINE@」
を開設致しました。

今後は、各SNSでスタッフの旅情報や弊社ならではのプラン、季節の情報などを発信してまいりたいと思っております。
不定期発信ですが、どうぞ皆様応援ならびにフォローお願い致します。


各SNSのリンク先は、下記の通りです。

「Facebook」


facebooQR




https://www.facebook.com/sanyoair/








「Instagram」

インスタグラム




https://www.instagram.com/sas.3459/









「LINE@」


ラインQR





https://line.me/R/ti/p/%40cwq6251t







よろしくお願い致します!

立花営業所
酒井 達朗




















友だち追加


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:30|PermalinkComments(2)

2017年09月27日

ハワイ研修旅行(後半)

こんにちは
いつも弊社ブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。
岡本営業所の阪田と申します。

前回の記事に引き続き、ハワイ研修の後半戦ということで、
私からは、3日目に参加したホクレア観光”ベスト・オブ・オアフ
JALパックの朝食クーポンについてお伝えさせて頂きます(*´∇`*)

まずは”ベスト・オブ・オアフ”
こちらはオアフ島の「ここだけははずせない!」という名所を、サクッと半日で回れるバスツアーです。

まず訪れたのは・・・ハナウマ湾を一望できる展望台です。

IMG_4433


個人的には今回のハワイ研修で見た中で一番お気に入りの景色です!
シュノーケリングの名所だそうなので次回はぜひ体験したいと思います

続きましてハロナ潮吹き岩
うまく取れた写真がないので割愛させて頂きますが・・・
30秒おきくらいに岩の合間から海水がプシューっと噴出す風景は一見の価値ありですよ!

その後訪れたのはヌアヌ・バリ

IMG_4225


写真から風の強さが伝わりますでしょうか・・・?
『バリ』はハワイ語で『崖』を意味しており、その名の通り海抜360mの切り立った険しい崖にあります。
かなり風が吹き荒れ常夏の国とは思えないほど肌寒いので、上着を持っていくことをお勧めいたします。
少し歩いたところに展望台があり、そこから一望できる町の景色は雲が近くて幻想的です!

IMG_4230


続いての目的地へ向かう道中、バスガイドさんが、「アロハ!」にも朝昼夜の区別があると教えてくださいました。

おはよう=Aloha kakahiaka(アロハ・カカヒアカ)
こんにちは=Aloha awakea(アロハ・アワケア)
こんばんは=Aloha ahi ahi(アロハ・アヒアヒ)

初耳の情報に驚いていると、
次のフリータイムが終わり、バスに乗るとき、ハワイ語でおはようとバスガイドさんに正しく挨拶する、
失敗したらバスに乗れない、
というミッションが乗客全員に課せられました笑
ホクレア観光で付いてくださるハワイ人のガイドさんは、日本語をとっても流暢に話されお話もおもしろいですので、移動中も楽しい時間がすごせますよ!

ミッションを背負いながら到着したのがモアナルア・ガーデン

IMG_4256


日本人なら誰もが知っているあの木ですね!
あのCMだと、ひろーい公園に1本たたずんでいるように思いますが、

実際は、何本も生えていて驚きました笑

その後車窓からダウンタウンを眺め、最後に向かったのはカメハメハ大王像
・・・あ、もちろん先ほどのミッションはクリアしてしっかりバスに乗せてもらいましたよ!笑

IMG_4265


こちらもハワイにきたらぜひ見たいシンボル的名所ですね!

全体を通して滞在時間は各10分程と写真を撮って終わり
ゆっくりはできませんが、あとの半日を自分の好きに使えるので、効率よく観光をしたい方にオススメです

続きまして、朝食クーポンについて!
JALパックは他の旅行会社と比べて、

1:シェラトン・ワイキキ 2:モアナ・サーフライダー 
3:ロイヤルハワイアン 4:シェラトン・プリンセス・カイウラニ


以上4つのシェラトングループとつながりが深く、
各ホテルラウンジが追加代金なしで使用できる
他では泊まれない部屋を指定できる
など、
JALパックならではの特典がたくさんあります。
朝食クーポンは、そんな4つのホテルの好きなホテルでいただけるもので、
「シェラトンホテルズに泊まる」というパンフレットで申し込むともれなく付いてきます
今回使わせて頂いたのですが、私のオススメはピンク・パレスの別称で有名ロイヤルハワイアンです!

IMG_3927IMG_4410


ご覧のようにテーブルのパラソルもピンク!
ピンクのパラソルと海のコントラストを眺め、波の音を聞きながら頂く朝食・・・
これぞリゾートステイ!という贅沢さが味わえます
朝食はブッフェに加え、一品料理を3つの選択肢の中からひとつ選べるというものでした。
私が選んだのは

IMG_4407


ロイヤルハワイアンらしいピンクのパンケーキ!!
味が濃いように見える色ですが、意外とシンプルな味で、
上に乗っているホイップクリームやジャムと相性抜群でした!
私…実はフルーツがあまり得意ではないのですが、そんな私でもペロッと平らげてしまうほど美味しかったです
機会があればぜひ行ってみてください!
ホテル自体も、情緒あふれて素敵です

いかがでしたでしょうか?
他にもたくさん、お伝えしたいことがあるのですがキリが無いのでこの辺で・・・
ご旅行の際はぜひ、お気軽にお近くの弊社営業所へご相談ください!
ここまで読んでくださって、ありがとうございました。


岡本営業所
阪田 真希

S__5922818


















友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:30|PermalinkComments(0)

2017年09月13日

ハワイ研修旅行(その1)

こんにちは
三ノ宮営業所の高見です。
いつも弊社のブログにアクセス頂きありがとうございます。


6月にジャルパックのハワイ研修に参加しました。
飛行機往路の時間は 関空22:05発 ホノルル11:10着
もちろん、利用した航空会社は、日本航空です!
通常のプランを利用した場合の集合は、出発のおよそ2時間前となっていますが、
今回は研修旅行ですので、1時間程早く集合し”サクララウンジ”の見学へ!!

※サクララウンジは、ビジネスクラス利用やJMB上級会員が利用可能です。



軽食はもちろん、お酒も充実しています(^^♪
20170906_170906_0001
人気のカレーはぜひ食べてくださいね!
29303






離陸から1時間後くらいに機内食が出るので食べすぎに注意です。




そして待ちに待った、資生堂パーラーとのコラボ機内食
20170906_170906_0002







ハワイ線の機内食のために考案されたチーズケーキも美味♪





約8時間のフライトを終え、ホノルル空港到着
到着したら、ジャルパックカウンターへ立ち寄り、到着後の説明をしてもらいます。
ハワイ島・マウイ島・カウアイ島に行かれる方は、国内線ターミナルまでの乗り継ぎ案内もあるのでご安心を。



そしてハワイについて初めのごはん!
ハワイアンフードが食べれる”アロハテーブル”にて昼食
メニューには、お肉ももちろんありますが…夕食にお肉が出ると聞いたので←
29305








アヒポキを食べました(ハワイ語でアヒ=マグロ、ポキ=切り身)




おなか一杯食べた後は、ホテル見学!
ホテルのご紹介は、店頭にてご相談いただく際にめいっぱいご案内したいと思います( ´∀` )




二日目には早朝からダイヤモンドヘッドに登頂
ダイヤモンドヘッドは片道30分〜1時間半で登れます。
登ってる最中は先が長すぎて「登るんじゃなかった、、、」と思いましたが、到着すれば「登ってよかった!!」と必ず思います('▽'*)
景色にあまり感動しない私でも素敵と感じるほどの絶景です。笑




20170906_170906_000320170906_170906_0005








行列ができているので、写真撮って景色を満喫した後はすぐに交代です(´・ω・`)

29306







次はJALパックオリジナル観光のプランでホクレア観光
”ノースショア&ハレイワ”
ドール・プランテーションへ立ち寄ります。
30分間の滞在のため人気のソフトクリームをまず購入!


04b8fba429307    


パイナップル・エクスプレスへ乗車を考えてる方、パイナップル・ガーデン迷路に行こうと考えてる方。
立ち寄りの30分では時間が足りないのでレンタカー利用し個人で行くことをおすすめします。(ワイキキから車で約40分)



そのあとにメインのハレイワタウンへ。
ノスタルジックな街並みを散策したり、ショッピングをしたり、
人気のマツモトシェイプアイスを食べたり、ガーリックシュリンプを食べたり、、、、
ローカルタウンを楽しめるコースになっています(^^♪




…ここまででハワイ研修の前半をご紹介させていただきました!
後半は一緒に研修へ行った岡本営業所の阪田からご報告させていただきます!(^^)!




最後に、ハワイでぜひ体験していただきたいお店を紹介して終わりたいと思います
自分好みのオリジナルサンダルを作れる”フリップフロップ・ワークショップ”

473hyatt1_520170906_170906_0006


好きな色のソールとストラップを組み合わせてさらに好きなパーツをつけて完成!

お店は、ハイアット・リージェンシー・ワイキキ/ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ/アラモアナ・センターにあります。

ハワイに来た思い出として一つ、ぜひ作ってみてください!(^^)!




何かご質問がございましたら、いつでも弊社までお問合せ下さい!

ご覧頂きまして、ありがとうございました!

三ノ宮営業所
高見 晃穂


















友だち追加


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 15:00|PermalinkComments(0)

2017年08月30日

シンガポール・マストスポット!

こんにちは、
いつも弊社のブログをご覧頂きありがとうございます!
茨木営業所の杉田と申します。
約1年ぶり、3度目の登場です。お久しぶりです。


今回、私は6月にシンガポールへ行ってまいりました。
SASブログでは何度かシンガポールについての記事がアップされておりますので、
今回は、私が個人的に気に入った観光場所を紹介したいと思います。


まずは、シンガポールの基本情報を紹介します。
関西空港ーシンガポール間の所要時間は約7時間、時差は-1時間です。
英語を国の共通語として使用している都市国家です。
通貨はシンガポールドル、国の面積はほぼ淡路島と同じぐらいという小さな国です。
1年を通して平均気温27℃と1年中夏の気候で、11月〜2月は雨季、3月〜10月は乾季となっているので、ご旅行は乾季の時期に行くことをオススメします!




それでは、観光場所を3つほど紹介していきたいと思います。

1つ目は、シンガポールリバークルーズです!
マリーナベイエリアとシンガポール川をクラークキーまで周るコースを
約40分かけてゆっくり進みます。
料金は、大人25ドル、子供15ドルです。
営業時間は9:00〜23:00(最終22:30)で、今回は夜に乗ってきました。
夜は夜景が非常にきれいで、陸上からでは見ることのできない角度からマーライオンを見ることが出来ました。



IMG_2511

クラークキー
リバーボート乗り場の一つです。
夜はネオンがとても綺麗な場所です。



image1

正面から見たマーライオン
意外と渋い顔をしていて迫力がありますよ。




2つ目は、トライショーです!
トライショーとは、日本でいう人力車のようなもので、自転車の横にサイドカーのような形でイスがついている乗り物です。運転手さんが自転車をこいで、リトルインディア周辺を周り、車が走る一般道路の真ん中を通ったりもするので、乗ってみないと体感できないようなスリリングな経験もできますよ!
昔の日本の歌謡曲を大音量で流してくれたりもするので、それもまたいとをかし。



image

トライショー
ここに乗り込んで、おじさんが自転車を漕いでくれます。
陽気なおじさまです。



IMG_2684

こんな感じで道路の真ん中を堂々と走ってました。




3つ目は、ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)
です!
USSは、セントーサ島内にあるシンガポール最大級のテーマパークです。
USJと比べるとパーク自体大きくはありませんが、その分人もあまり多くないので、アトラクションの待ち時間も短いです。今回並んだアトラクションの中で、一番待ち時間が長かったのがジュラシックパークでしたが、それでも約20分でした。時期にもよるとは思いますが、シンガポールのが休みの期間以外は、基本的に混み合うことは少ないそうです。
1日あれば十分満喫できるところも、USSの魅力の一つかもしれません。



大阪のUSJと同じように入り口手前に地球儀があったり、トランスフォーマーという日本にはないアトラクションがあったり、USJに行かれた事がある方にとっては、親近感を感じつつ、新鮮さも感じることができるのではないでしょうか。



20170826_170829_0001


…以上、簡単ではございましたが、私が気に入ったシンガポールの観光を紹介させて頂きました。
シンガポールは、たくさんの魅力が詰まった国ですので、皆様も是非一度訪れてみて下さい。



IMG_2636


シンガポール旅行のお問い合わせは、弊社各営業所までどうぞ。
皆様の御来店をお待ちしております。
ありがとうございました。




茨木営業所
杉田 恭崇



















友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:30|PermalinkComments(0)

2017年08月16日

ディズニーリゾート周辺の最新ホテル事情

こんにちは。
いつも弊社のHP並びにBlogにアクセスしていただき、ありがとうございます
今年度新入社員として入社しました、大久保営業所の門田(もんだ)と申します


先日、2日間の東京ディズニーリゾートへの実地研修でディズニーホテル、オフィシャルホテル、パートナーホテルや周辺にあるホテルの見学に行ってきました
私自身、いずれのホテルにも宿泊したことがなかったので、自分にとって良い経験となりましたし、今まで見たことのない目線でホテルを見学しましたので、とても有意義に過ごすことが出来ました。
その中で、私の中で印象に残ったホテルのいくつかをご紹介します。



まずは、ディズニーアンバサダーホテルです!

S__12525740S__12525741

アンバサダーホテルは、アールデコとディズニーの魔法がとけあうディズニーホテルです!
また、ミッキーが会いにきてくれるシェフミッキープランがあるホテルです!
実は、ここに泊まった人だけシェフミッキーで朝食を予約することが出来るのです。
私達がお昼頃にアンバサダーホテルに着いた時には長蛇の列が出来ており、『とても人気があるんだな・・・』と改めて感じました。


こちらは、チップとデールルームです

image1
  
ヘッドボードに描かれたチップとデールの表情が印象的な客室です。
ベッドの間には、ふたりの憧れのクラリスの写真もあります。
またカーペットやベッドスローには、樫の木の葉っぱやドングリが描かれており、浴室の扉や鏡には、チップとデールの姿が映っています。
そして、チップとデールの特徴的な鼻をイメージした色の異なるクッションがあるなど、大好きなキャラクターがいつも身近にいてくれるような客室です。


…突然ですが、チップとデールの見分け方は分かりますか?

実は、鼻の色が違うんです!!
チップが黒色デールが赤色の鼻をしています。

ホテルの営業の方に教えて頂いたのですが、覚え方は…

『チョコチップ(黒色)』『鼻血デール(赤色)』

だそうです! (笑)


続いては、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルです。

S__12525743
  
こちらのホテルは、上から見るとS字型をしておりますが、これは「波」をイメージしているのだそうです。
また、このホテルの客室のベッドは、オフィシャルホテルの中で最も大きく、豪華なマットレスに快適な枕が備われており、ぐっすり眠れるそうです


image2

こちらのお部屋はトレジャーズルームです
こちらのフロアはエレベーターを降りたとたんに広がる、ポップなデザインとなっており、ホテルオリジナルマスコット「ペントン」やその仲間たちが、お部屋のドアや廊下など、フロアのいろんな所に描かれております。


そして、このホテルにはドッグフレンドリールームがあります。

こちらのお部屋はディズニーリゾートのホテルで唯一、ワンちゃんと一緒に宿泊できるお部屋で、お客様にご満足いただけるホテル客室サービスはもちろんのこと、愛犬用アメニティーのドッグベッド、ドッグマット、フードボウル、トイレシート&トレイ、ダストボックスなどが用意されており、ワンちゃんも快適に過ごせる特別なお部屋です!写真は、足もとのフードボウルしか撮れませんでしたが、ホームページにも掲載されていますので、一度見てみて下さい!


image3S__12525744

   

最後は、ホテルエミオン東京ベイです!

「エミオン」という名の由来は、この場所を訪れるすべてのゲストが笑顔いっぱいで楽しめるホテルでありますように・・・との願いを込めて名付けられたそうです!
また、このホテルはディズニーリゾートのエリアでは数少ない、天然温泉の大浴場があるホテルです。


また、今回の研修では、来年(2018年)の1月27日に正式オープンとなります、新館の「エミオンスクエア」も視察させていただきました

S__12525746


この新館「エミオンスクエア」には、「スクエアフォースルーム」「スクエアコーナーフォース」の2タイプの客室が設けられます。
いずれも、最大4名定員のゆとりある広さの客室です。

image4
 
また、全室に洗い場付きバスルームと独立型のトイレ・洗面を完備し、ファミリーやグループでのご宿泊に適した環境を整えております


2日間の研修旅行の中で数多くのホテルを見学し、今回のブログでは紹介しきれなかったホテルもたくさんありますが、それぞれのホテルに特徴があるお部屋があり、どのホテルにも泊まりたくなるような魅力を見学する度に感じました!
今後も新しいホテルを見学する機会があれば、ブログでもご紹介したいと思っています。


…最後までご覧いただきありがとうございました!

少しでもご興味持たれた方は、是非弊社営業所へお越し下さい!
皆様のご来店、心よりお待ちしております!


大久保営業所
門田 大輝




















友だち追加


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
saskobe at 10:30|PermalinkComments(0)